自機入れ替え

ゲーム開始時に決めた自機札を札の効果でゲーム中に他の札と入れ替えることを「自機入れ替え(自機札の入れ替え)」と言い、この行為を利用した戦術も存在する。

自機入れ替えのメリットとして、相手の自機札の数値を確認してから自分の自機札の数値を入れ替えることが可能。 
幽霊札や月の民札はスペル発動の条件にお互いの自機札の数値を比べるものが多いので、自分に都合の良い自機札を後から変更できる。

相手の戦術を見て低数値自機から中~高数値自機に変更し、相手の自機狙い弾幕攻撃を防ぐのにも利用できる。

『⑨《熱かい悩む神の火》霊烏路空』など妖獣札の多くに「ゲーム中に自分の自機札が別の札と入れ替えられている。」というスペル発動の条件があるので、【妖獣】デッキを組む際は自機入れ替え効果がよく採用される。
そのため妖獣札とは自機入れ替え効果を多くもつ札と組ませるケースが多い。

上記のような目的があれば有効な効果であるが、スペル発動の代償や得られるリターンの乏しさから特に考えなしで自機入れ替えを行った場合はデメリットのほうが多い。
昨今の環境では自身を自機札と入れ替えることで効果が発動する『①《無敗の剛欲同盟長》饕餮尤魔』が登場したことにより、積極的に自機札を入れ替えてハンデス効果を複数回発動するデッキも構築されている。

 1~3弾デッキは同時に頒布したため如何月が開始された直後から自機入れ替えの概念が存在した。
 自機入れ替えがスペルの条件として出てきたのは地霊殿デッキ妖獣札で、以降妖獣札は自機入れ替え条件のスペルを多く持つことになった。


自機入れ替え関連の効果を持つ札

自機札を入れ替える効果を持つ札
自機札を自身以外の札と入れ替える

自機札と自身を入れ替える

自機札の自身と別の札を入れ替える

自機入れ替えを行うことが発動条件のスペルを持つ札

自身を自機札と入れ替えることで効果が発動する札

関連記事





  • 最終更新:2024-02-23 23:23:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード