確認

カードのスペルで「確認」する効果が発動した場合、以下の行動を行う。
主に手札、裏向き守護札、裏向き捨て札など相手に内容が見えてない札を確認することを指す。

1、指定された範囲の札を指定されたプレイヤーが選ぶ。
  相手の裏向き札を選ぶ場合、2枚以上存在するときはランダムに札を選ぶ。
  自分の裏向き札を選ぶ場合、札の内容を確認しつつ選ぶことが出来る。
  ランダムに裏向き札を選ぶ場合は、自分・相手プレイヤーに限らずランダムに札を選択する。

2、お互いに選択した札を確認したら、テキストに記載された処理を行う。
  主に元あった配置に裏向きで戻すことになる。
  元に戻す以外の指示がテキストに記載されている場合それに従う。

確認の際のマナー

相手の札を確認するときはなるべく相手の札は触らないよう気をつけてプレイしましょう。
昨今の感染症の状況もありますが、相手の札を傷つけたり不快にさせないためでもあります。
口頭や指差しで確認する札を相手に伝えて、相手は選択された札を見やすい位置で表向きにして確認作業を行います。

相手の札に触れる際は必ず許可をもらってから触れ、丁寧に扱うよう心がけます。
対戦前には消毒や手洗い、飛沫を防ぐ対策を用意しましょう。

関連記事



  • 最終更新:2022-11-01 09:33:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード