盤面アドバンテージ

守護エリアに出しているカードについてのアンドバンテージ。
「フィールドに多くのカードが存在するプレイヤーの方が有利」というTCG特有の考えに基づく。

東方如何月は手札がある限り常に守護札を3枚配置するので、相手に撃破されるなどして守護札が0~2枚まで減った場合に相手との盤面アドバンテージに差が生じたと言える。

特に終盤は守護エリアに置かれる札が限られてくるので、より多く守護札を配置しているプレイヤーが有利になる。

『⑦《孤立無援が誂えた造形神》埴安神袿姫』のように捨て札を空き守護エリアに配置できるスペルを持つ札は盤面アドバンテージを稼ぐ効果と言える。


関連記事




  • 最終更新:2023-12-09 18:12:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード