火力

TCGにおいてカードのパワーを表す俗称として用いられる。

如何月では相手札に攻撃する際に数値が高い札のことを「火力が高い」と表現することがある。

元々の数値で⑫がもっとも火力が高く、①が最低火力と言える。
『⑫《究極の絶対秘神》摩多羅隠岐奈』などスペル効果により⑬に数値を上げる効果があり、元々の数値を超えた火力で攻撃が可能。

如何月は数値変化が固定の数値に限定されるものがほとんどなので、⑬を超える数値を出すのが非常に困難。
それでも例外は数件存在し、攻撃時の最大火力(数値)は自機札の『⑦《怨霊も恐れ怯む少女》古明地さとり』の効果で捨て札の『②《豊かさと稔りの象徴》秋穣子』の効果をコピーすることで、他の捨て札がスペルなし札(10枚)の場合に⑰まで火力を高められる。
ただし、数値をあげたところで攻撃自体は通常攻撃のみなので確定撃破できる札止まりの性能になってしまう。

関連記事



  • 最終更新:2022-11-02 16:03:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード