残存効果

残存効果とは本来スペルや特殊能力の効果や代償は終了フェーズに一度リセットされるが、テキストに「〇〇終了時まで~」などの効果処理の終了タイミングが記載されてる場合はそのタイミングで効果がリセットされる。
また「ゲーム中に〇〇~」など、効果を使用したり条件を満たすことでその後のゲーム中常に効果・代償が適用されるものも指す。

残存効果の種類

【〇〇ターン終了時まで~】
次の相手ターン終了時まで~
 『⑫《最凶極悪の双子姉妹》夢月&幻月』などの相手ターンに干渉する効果に多いテキスト。
 主に攻撃スペルに多く見られるタイミング。

次の自分ターン終了時まで~
 『⑦《すきま妖怪の式と式の式》藍&橙』など回避スペルの効果が自分ターンまでかかる効果に多く見られる。

【ゲーム中に~】
ゲーム中にスペル効果で、手札からこの札を相手に公開している。
 一度公開してしまえば以降のゲーム中に条件を満たした状態でこの札をプレイできる。

ゲーム中に自分の自機札が別の札と入れ替えられている。
 一度自機札の変更を行っていれば以降のゲーム中に条件を満たした状態でこれらの札をプレイできる。

この札の効果はゲーム中に1度しか使用できない。
 『⑨《鴉天狗の大将》飯綱丸龍』などが持つテキスト。
 一度効果を使用してしまうとゲーム中は二度と同じ効果を使用することができない。

【その他】
常に発動状態の特殊能力札の代償
 『③《夢殿大祀廟》蘇我屠自古』など、特殊能力が常に発動している状態の場合はそれに合わせて常に代償を支払わなければならない。
 それを解除するには該当の特殊能力札が効果を発動できない状態にする必要がある。

関連記事





  • 最終更新:2022-11-25 06:15:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード