基本情報

デッキ制作

0.jpg
対戦の際はお互いに①∼⑫の数値を持った札を一枚ずつ入れた12枚のデッキ(札の束)を用意します。
上記の条件を満たせば、好きなカードに入れ替えてゲームをすることが出来ます。

札(カード)の説明

1.jpg2.jpg
①キャラクター名
②数値
  1~12が存在し、スペルの種類によって色が違う。
③種族マーク
④スペル
  攻撃と回避が存在する。
⑤スペル名
⑥シリーズ名(省略表記)
⑦クレジット&
 イラストレーター名

3.jpg
自分のターンの攻撃フェーズ時、攻撃態勢をとった札が発動できるスペル。

4.jpg
相手に攻撃された時に、発動できるスペル。

特殊能力.jpg
特定の状態になると効果を発動できる。

5 .jpg
スペル、特殊能力を持っていない札。

アイコンの説明

6.jpg
種族アイコンは10数種類存在し、スペルの発動条件などに使用します。
テキストに「○○札」と記載。

7.jpg
弾幕アイコンは主に⑩、⑪、⑫の札についています。
弾幕アイコンのある札は攻撃時、弾幕攻撃を行うことが出来ます。

自分エリアの説明

フィールド表示1.jpg
①守護エリア
②自機エリア
③捨て札置き場
 ※カードテキストでは「捨て札」と表記されている。

  • ①守護エリアと②自機エリアを合わせて「自分フィールド」と呼称する。
  • ①守護エリアと②自機エリアと③捨て札置き場を合わせて「自分エリア」と呼称する。

現在「自分エリア」と表記されたカードテキストは存在せず、「自分フィールドと捨て札」という表記が使用されている。

フィールド表示2.jpg
相手エリアと向かい合わせになるように配置します。

関連記事





  • 最終更新:2022-09-17 16:08:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード