事故

TCGにおいてデッキがうまく回らず機能不全に陥ってしまった状態のことを指す俗称。
東方如何月にはいわゆる「山札から1枚ドローする」要素がないため、手札事故というのはゲーム中起こりにくい。
それでも対戦中に後半必要な札を誤って早々に使用してしまったり、デッキ制作時にアンチシナジーな札を入れたことでスペル効果を使用できない場合もある。
こういった場合は手札・デッキ事故画起きてしまったと言える。

また、相手が予想していなかった動きをして、結果的にその動きにより自分が敗北してしまった際は「事故にあった」と感じることがある。
ただしこれは相手に取ってはしっかりとした戦術と状況の読みによって導き出された結果であれば、「事故にあった」と口にしてしまうと相手を否定してしまうことになる。
事故にあったと思った際も対戦してくれた相手を敬う気持ちを持って、なるべくそういった発言は控えておきたい。
「腐る」はほぼ同じ意味を表すTCG用語で、関連ページに具体的な事例とマナーに関する記事が掲載されています。

関連記事




  • 最終更新:2022-11-25 05:48:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード