シナジー

シナジーとは別の札同士の効果の愛称のことを指す。

同じ種族同士やカテゴリー内の札同士はシナジーが噛み合うようデザインされている札が多い。

高いシナジーを持つ組み合わせ

良いシナジーの組み合わせを1例ずつ紹介。
強力なデッキ作りはシナジーの良い札同士を組み合わせていく作業とも言える。

同種族
 悪魔札特有の人間札を捨て札に送るスペルの代償を『⑦レミリア』の効果で軽減出来る。
 逆に悪魔・人間以外の種族を採用してしまうと『⑦レミリア』の効果が使用できなくなるので、他の種族とはシナジーが悪い。

類似効果・代償
 どの札・種族も捨て札に多くの種族を要求する。
 効果発動の条件・代償を共有できるため、機能不全を起こしにくくシナジーが良いと言える。
 ただしこれらの札を多く採用してしまうと捨て札の種族数が減ってしまうので、多くとも3枚程度に抑える必要がある。

相性のいい効果同士
 前者の効果で次の相手ターンの攻撃をスキップすることで、後者のスペル発動条件を満たし相手守護札を2枚表向きにする強力な効果を使用する。
 『②鬼人正邪』は相手の攻撃スキップ効果に対するメタ効果としてデザインされていたが、相手が対象の効果を使用しない場合、発動自体かなわず腐ってしまう効果だった。
 そこに相手の攻撃をスキップする『⑨幽香』が登場したことにより能動的に効果を使用できるようになったため抜群のシナジーがあり、大会で度々採用される強力なコンボとして認知されている。

関連記事







  • 最終更新:2022-11-02 15:48:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード