『⑫《言葉で世界を変える力》稀神サグメ』

12サグメ.jpgSP01 サグメ.jpg
⑫/弾幕/特殊能力/月の民
状態:この札が自機札。
効果:自分は自分ターン開始時に以下の効果を発動することが出来る。
   次の相手ターン終了時まで、自分守護エリア中央に存在するスペルなし札の数値を⑫として扱い、
   この札を弾幕攻撃ができないスペルなし①札として扱う。
自機に据えることでこの札をスペルなし①札にする代わり、守護エリア中央のスペルなし札の数値を⑫に出来る。

効果は専用のデッキを制作できるほどの影響力で、今まで回収効果の対象になるくらいの活躍しかできなかったスペルなし札を強烈にサポートする。
スペルなし札であれば数値に関係なく効果の影響を受けることができ、①札であれば数値を⑪分上昇することが出来る。

他の効果にない「自分守護エリア中央」にバフをかける効果になっている。
これにより攻撃で使用した札と、空き守護エリアに再配置した札も効果の対象になる。

効果を使用した場合この札の数値をスペルなし①札に変更することになるが、守護エリア中央に⑫札を置けるので中央札を含む自機狙い弾幕攻撃を受ける際は⑬に出来るため問題なく回避できる。
スペルなし札になる点も『⑦《九月のパンプキン》鈴瑚』などの自分自機札にスペルなし札を指定するスペルを併用できる利点と取ることも出来る。

効果の発動は自分ターン開始時に毎回タイミングが来る。
宣言がなければこの札は⑫札として相手ターン終了時までプレイすることになる。
一度発動すると相手ターン終了時まで解除できない。
「自分ターンだけ効果を使用して相手ターンは使用しない」などの運用はできない点に注意。

数値変更のみのため、⑫になったスペルなし札が弾幕攻撃を行えるわけではない。
弾幕攻撃を行えるのは弾幕アイコンの入った⑩以上のスペルなし札を対象にした場合のみ。

唯一無二の効果を持つパワーカードであるが、弱点も思いの外多い。
相手からの配置札移動には非常に弱く、『⑩《The Grimoire of Usami》宇佐見菫子』などで守護エリア中央のスペルなし札を左右に移動されると数値が変化できなくなる。
さらに『②《愉快な忘れ傘》多々良小傘』などで自機札を移動されると左右の守護札と①になったこの札で弾幕攻撃を受けることになってしまう。
⑬になって攻撃できる『⑫《至極普通な魔法使い》霧雨魔理沙』も、中央守護札と自機札に弾幕攻撃を受けるとそのまま撃破されてしまう。
これらの札が相手にある場合はあえて効果を使用しない選択肢も考えなければならない。

後攻では初期配置の中央札に効果を適応できないので、中央札を撃破されやすい。
この札を採用するデッキを使用する場合はなるべく先攻をとりたいところ。

・画像1枚目は月都万象デッキに収録された通常版で、画像2枚目は大会優勝者向けに制作された特別仕様のSPカード
 大会でも使用率が高く人気のある【⑫サグメスペルなし活用】デッキの中心札としてSPカード第一弾として選出された。


原作二次創作

サグメの「口に出すと事態を逆転させる程度の能力」をイメージした効果になっている。
効果を宣言するとスペルなし札とこの札の数値を逆転させるような動きをする。

関連札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-09 19:14:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード