『⑫《蓬莱の人の形》藤原妹紅』

12妹紅R.jpg12妹紅.jpg12妹紅pr.jpg
⑫/弾幕/攻撃スペル/人間
条件:自分の守護エリアにこの札のみ存在。
代償:この札以外に自分の守護エリアの札があれば全て捨て札に送る。
効果:攻撃を行ったこの札は守護フェーズに捨て札へ行かず表向きのままその場に留まる。
条件、代償を満たせば攻撃後にその場に留まれる効果を持つ。

条件は自分の守護エリアにこの札のみ存在している場合なので、
弾幕攻撃を受けてこの札のみ守護エリアに残っている場合はノーコストで効果を発動できる。
代償はこの札以外に守護札が存在する場合に支払わなければならず、最大で2枚捨て札に送らなければならない。

効果は攻撃を終えた札が捨て札に送られるルールを無視してその場に留まれる強力なもの。
『③《凶兆の黒猫》橙』と同じ効果で、コストの軽さでは劣るが確定で残れる点と数値が⑫である点でこちらが勝る。
相手にとっては⑫札が場に残るだけでプレッシャーになり、次ターンの相手の攻撃に大きな影響を与える。

この効果を最大限に活かすなら左右に配置したこの札で守護札に弾幕攻撃を仕掛け、撃破できると次の相手ターンでこの札に攻撃が届かなくなる。
次の自分のターンにこの札が撃破されていなければ再びこの札で攻撃できる。
ただしスペルを発動したこの札の弾幕攻撃に失敗し、
正面に弾幕攻撃可能な札が配置されていた場合は自機狙い弾幕攻撃で即詰みを食らってしまう。
総じてハイリスクハイリターンな性能と言え、フィニッシャーにも自爆にもつながる1枚。

さらにテクニカルな使用例に手札0枚の時に代償で他の守護札を捨て札に送ることで、無理やりグレイズ状態に持ち込む戦術がある。

自機にしても手札差がある場合は最後の攻撃でグレイズ状態を狙えるので自機向きの性能といえる。
ただし、自機にこの札があると相手に警戒されてしまうので成功率はあまり高くない。
成功パターンについての細かい流れは安地勝利(グレイズ状態)のパターン④を参照。

癖が強く中々に使いにくい1枚と認識されてきた札だが、科学世紀セットに収録された『④《稗田寺子屋のカリスマ講師》上白沢慧音』の登場により状況が一変。
最終盤でこの札の効果を使用して直後に『④慧音』で一旦手札に戻して裏向きで配置し直すことで、撃破されない限りこの札を毎ターン守護札に裏向きで配置できるようになった。
特に手札0枚の状況であればノーコストで効果を乱用でき、捨て札のコストが尽きるまでこのコンボを毎ターン行える。
このコンボを突き詰めた【⑫妹紅リザレクション】デッキが2022年末の大会で優勝を飾り、2023年以後も強力なデッキテーマとして多くのプレイヤーに使用・研究されている。


原作二次創作

不死の能力をイメージした効果で、コストを払うことで何度も守護エリアに復活できる。

札の画像1枚目はリメイク版、2枚目は旧版、3枚目はプロモーションカード版のもの。
リメイクに伴い新規のイラストが使用され、フォーマットも黄昏の宴セット以降のものに変更されている。
絵柄違いの札は性能面は全く同じ札をして扱われる。

希少な3種類の絵柄違いが存在する札。


関連札

攻撃後に守護エリアに残る札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法

韓国語テキスト表記 한국어 텍스트 표기




プロモーションカードはこちら⇒ 『③《湖上の氷精》チルノ』前の札< >次の札『⑥《秘封倶楽部》宇佐見蓮子』

  • 最終更新:2024-01-19 23:24:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード