『⑫《神隠しの主犯》八雲紫』

12紫.jpg
⑫/弾幕/回避スペル/妖怪
代償:この札を①として扱う。
効果:次の自分のターンは攻撃フェーズを行わない。
数値を①まで下げるデメリットがあるが、次の自分のターンの攻撃を飛ばす能力を持つ。

東方如何月は攻撃した札を捨て札に送るルールから、攻撃時に札を1枚以上損失するので、その機会をスキップできる効果は有能。
特に終盤は一手の損得を競う場面が多く、効果的に使えるとゲームを決める効果になりうる。

代償の数値を①にする効果は回避判定時に確実に撃破されるデメリットと言える。
裏向きのこの札が⑫札で単体攻撃を受けた場合は撃破が決定されてる分、無駄のない効果発動が行える。
逆に攻撃を受けてもその場に留まれる際は、効果を発動せず自分のターンに⑫札として攻撃に使用したほうがアドバンテージが得られやすい。

表向きの場合も攻撃を受ければスペル効果を発動でき、撃破される際に相手にとっていやらしい動きができる。
その効果から表向きになったこの札をあえて攻撃に使用せず、守護エリアに留まらせることで相手にプレッシャーをかける戦術が取れる。
相手は表向きのこの札に攻撃して効果を発動させてしまうか、放置して⑫札の攻撃に備えるかの二択に迫られる。

・攻撃フェーズをスキップした場合、自分のターンに自機札の移動は行えない。
 「守護フェーズに守護札を手札から配置してターンを終了する。」効果と受け取ってもいい。

・「自分のターンに攻撃することが出来なければ負けになる」というルールに介入する効果。
 スペルで攻撃自体をスキップした場合は上記のルールは適用されないので、自分のターン終了後に問題なく相手にターンを渡せる。

・効果の性質や最大数値の⑫を持つ性能から、まさに紫をイメージした1枚になっている。




  • 最終更新:2020-01-10 14:18:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード