『⑫《悪霊さん》魅魔』

12魅魔.jpg
⑫/特殊能力/幽霊
条件:自分の自機札が幽霊札。
効果:自分ターン終了時に手札にあるこの札を公開してもよい。
   公開後、手札に戻す。
   公開した場合、次の相手ターン終了時まで自分の自機札の元々の数値を
   現在の相手自機札の元々の数値より①低い数値にする。
自分ターン終了時、この札を相手に公開することで自機札の数値を相手の自機札-①の数値に変化させる。

効果発動すると相手自機より低い数値になるので、幽霊札のスペルが条件とする「自分の自機札が相手の自機札の数値以下。」を満たすことが出来る。

もちろん低数値自機を必要とする幽霊デッキでは自機札の数値上昇を見込める札として相性抜群。
自身に数値上昇効果のない『②《彷徨わない亡霊と半霊》幽々子&妖夢』などの数値を高めれば、自機狙いの餌食にならなくてすむ。

最大のネックは相手依存の効果という点で、相手も低数値であると発動してもあまり意味はない。
ただ、平均的に⑦前後の自機札が採用されやすい傾向なので、大抵の場合は数値上昇を見込める。
相手自機が⑫であれば自身の自機札を⑪まで上昇できるので、自機狙い弾幕攻撃で撃破されることがほとんど無くなる。
相手が幽霊デッキや④以下の自機札を要求する『⑥《今宵は飄逸なエゴイスト》依神女苑』をメインに据えたデッキだった場合に備えて、『①《幽冥の住人チーム》妖夢&幽々子』など自力で数値を上昇させる効果を併用してもよい。

手札から発動する効果なので、当然この札を攻撃に使用してしまうと効果が使用できなくなる。
さらに最大値の⑫札が手札にあることが相手にバレてしまうので、確実に自機札への弾幕攻撃がない場面ではあえて効果を発動しない工夫が必要。

効果は変動制で、効果発動中に相手が自機札を変更した場合、新たに変更した相手自機札の数値-①になる。
ただし、元々の数値を参照する効果なので、相手自機の『⑫《言葉で世界を変える力》稀神サグメ』が効果で数値を①にしても元々の数値の⑫を参照するため自機札を⑪に変更する頃が出来る。

相手自機札が①の場合は0まで数値を下げることになる。
限定的だが0扱いになる札はこの効果のみで珍しいが、防御面で非常にもろくなってしまうので幽霊札のスペル発動条件を満たす意味合い以外で有利に働く場面はない。

一度発動させたら次の相手ターン終了時まで効果を解除することはできない。
『⑫《太歳星君の影に挑む》大ナマズvs紅美鈴』で自機狙い弾幕攻撃をされた場合、高数値になった自機札と高数値守護札を一気に撃破されそうになっても数値を変えられず撃破されてしまう。
さらに相手ターンに『④《破滅的な金剛力》星熊勇儀』などで相手自機札を①札に変更された場合は、常に相手自機の元々の数値-1になるので数値0として扱う。
『④勇儀』で自機入れ替えを行ったあとに同札で自機狙い弾幕攻撃を受けると、⑪以上の守護札で受けないと自機札を撃破されてしまう。

原作二次創作

関連札

手札から公開することで効果を発動する特殊能力札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:38:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード