『⑫《幻想の音を演奏する騒霊》リリカ・プリズムリバー』

12リリカ・プリズムリバー.jpg
⑫/弾幕/攻撃スペル/幽霊
条件:この札が守護札。
効果:自分手札から④以下の幽霊札を1枚選択し、空き自機エリアに配置して自分自機札を手札に加える。
   以降、新たに自機エリアに配置した札を自機札として扱う。
最大数値の自機入れ替え効果札。

手札の④以下幽霊札と自機札を入れ替える効果で、自機入れ替え効果特有の手札消費や盤面のディスアドバンテージがないのが特徴。
しかし種族が幽霊オンリーで数値も④以下と低数値のため範囲の狭さがネックになる。

効果的に自機入れ替えを行いたい【幽霊】デッキで重宝する効果で、不意に相手自機札の数値を超えてしまった場合や、少しでも自機札の数値を上げておきたい場面で使用したい。

同デッキ収録の『①《ライブを沸かす四人組》』プリズムリバーウィズH』は最終盤には復活効果が使用できなくなってしまうので、終盤戦の前にこの札の効果で別の自機札と入れ替えておきたい。
特に延命効果が非常に強力な『②《彷徨わない亡霊と半霊》幽々子&妖夢』と入れ替えることで終盤の攻防を有利に進めることができる。

最大数値のため回避性能が高く、比較的安定して効果の発動を行える。
自機入れ替えをするだけなら初手から狙える点も優秀で扱いやすい。
ただ、貴重な⑫枠を自機入れ替え効果に割くかはプレイヤーと戦術次第といったところ。
ただただ自機入れ替えしても旨味はないため、何かしら入れ替え後の戦況を有利にする戦術を用意しておきたい。

『③《騒音キーボーティスト》リリカ・プリズムリバー』と同じく空き自機エリアに札を配置してから前の自機札をどかすため、自機札が居た位置に新たな自機札を置くことができない。
若干扱いにくい裁定で、相手の自機狙い攻撃を躱せる場所に配置できない危険性がある。
特に守護エリア中央で効果を発動すると自機エリア中央に新たな自機札を置けなくなってしまうので、それを避けるために左右の守護エリアから効果を発動するとよい。

【幽霊】デッキの⑫枠では自機札の数値上昇が狙える『⑫《悪霊さん》魅魔』との選択になる。
あちらは自機入れ替えを考えない構築であれば優秀だが、相手依存な点で採用するか悩み所。
この札は自機入れ替えを戦術に組み込みたい場合は軍配が上がるが、不意にこの札が撃破されると一気に不利になるため2枚目以降の自機入れ替え効果持ちを採用するかが悩ましい。

【妖獣】デッキにおいては先攻初手から使用できる手札コストのない自機入れ替え札というメリットがある。
ただし現在は『①《無敗の剛欲同盟長》饕餮尤魔』を複数回自機札に入れ替えてハンデス効果を発動させるのが主流のため、『①尤魔』を対象に取れないこの札との相性はあまり良くない。
同じ自機入れ効果の⑫枠には『⑫《萃まる夢、幻、そして百鬼夜行》伊吹萃香』も存在する。


原作二次創作

関連札

自機札を入れ替える効果を持つ札
自機札を自身以外の札と入れ替える

自機札と自身を入れ替える


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2023-08-10 19:10:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード