『⑪《閻魔と死神》四季映姫&小町』

11こまえーき.jpg
⑪/弾幕/攻撃スペル/神
条件:自分の捨て札が6枚以上存在し、種族がすべて異なる。
効果:自分の捨て札の数値が最も低い札を選択し、手札に加える。
厳しい条件を満たすと、捨て札を1枚回収できる。

捨て札が6枚以上で種族がすべて違う条件が重く、専用構築が求められる。
逆にデッキの種族をすべて異なるよう構築すれば確実に発動できる効果と言える。

最低数値を指定と強力な札を回収できるわけでは無いが、攻撃スペルで手札を1枚増やせる効果は強力な部類。
大抵は序盤にコストで捨て札に送った①、②あたりだが、高数値札を前半で使用している場合は④前後の札を回収できるかもしれない。
専用構築が求められるが手札を消費するデッキでは、後半の息切れを防ぐ役割を持つ。

同様の条件を持つ札に『⑫《楽園の最高裁判長》四季映姫・ヤマザナドゥ』がいるため、
専用構築の関係上セットで組むことが多いか。
その場合は、①~⑩の札を神札以外で組むことでこの札と⑫四季映姫の双方の発動を狙える。

・この札が収録された花映塚2Pデッキには
玉兎妖精妖怪天狗幽霊魔術師人間の計8種類の種族が収録されている。
このデッキのみでも効果の発動条件は満たせるが、有効に使うならばできるだけ種族数の多いデッキ構築が求められる。




  • 最終更新:2020-03-11 16:37:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード