『⑪《重すぎる愛》純狐&鈴仙』

11純狐鈴仙.jpg
⑪/弾幕/攻撃スペル/玉兎
代償:自分捨て札の月の民札を4枚選択し、裏向きにする。
効果:攻撃を行わず守護フェーズに移行し、この札を表向きでその場に留める。
   次の自分ターン開始時、この札が守護エリアに表向きで存在する場合、相手守護札を全て表向きにする。
ターン飛ばしを行い次の自分ターンまでこの札が生き残れば相手の裏向き札を全て表向きにできる。

捨て札コストを要求されるため、使用時は終盤に限定される。
この札を端筋において効果を発動することで、相手に中央札を攻撃させないプレイングを強要できる。

もし相手がこの札を放置した場合、中央と端筋に弾幕札があれば相手自機を弾幕攻撃で撃破できる。
回りくどい効果ではあるが特殊勝利と取れる効果を擁しているので、効果を理解するほど相手にとって無視できない存在になるだろう。

手札アドバンテージを減らさずにターン飛ばしを出来る点が優秀で、1枚差を競っている最終盤に放つことで相手の計算を狂わせることが出来る。
同じく手札アドを減らさず発動できる『③《風神少女》射命丸文』と比べると、相手の手札が0枚でも効果を発動できる点が優秀。
こちらは終盤戦、『③文』は序~中盤戦で活躍する効果と言える。

効果発動時の最大のデメリットはこの札の正面に弾幕札があると次の相手ターンに即詰みを食らう点だろう。
この札の効果を使用したことで負けにつながるケースもあるので発動は慎重に。
どちらかというと劣勢時に逆転を狙う一手として使用するケースが多い。

捨て札の月の民札をコストに指定している。
効果的にこの札と月の民にシナジーが特にあるわけではなく、他の玉兎札も別段噛み合いの良い効果というわけではない。

原作二次創作

原作での発言から鈴仙のことが好きすぎる純狐という二次創作が多く制作されている。
純狐のキャラ設定や「殺意の百合」というスペルも相まって、重すぎる愛に苦しむ鈴仙というネタが多い。

関連札

自分ターンの攻撃をスキップする札
攻撃をスキップ

攻撃フェーズをスキップ

 ※相手の攻撃フェーズをスキップする。

自分捨て札を裏向きにする代償を持つスペル・特殊能力

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:56:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード