『⑪《花果子念報の記者》姫海棠はたて』

11姫海棠はたて.jpg
⑪/弾幕/特殊能力/天狗
効果:自分の天狗札の攻撃・回避スペルで相手の手札・裏向き守護札を確認した直後に、この札を手札から公開することができる。
   公開後、手札に戻す。
   この札を公開した場合、ターン終了時までスペルを発動した天狗札の数値は、スペルで確認した札の数値と同じになる。
天狗札で相手の手札・裏向き札を確認した際にこの札を手札から公開することで、天狗札の数値を確認した札と同じにできる。

数値上昇効果に乏しかった天狗札のサポートとして非常に有効な効果。
相手の高数値札を確認できれば攻撃・回避時の数値を上げることが出来る。
いままで相手札をピーピングしても戦況に変化がなかった場面も多かったが、この札の登場で数値上昇を狙ってピーピング効果を発動するケースが生まれた。

相性の多い札は多く、天狗札の攻撃スペルであれば攻撃札の数値以上の札を確認できれば数値を上げて攻撃できる。
回避スペルであれば相手の攻撃札を超える数値を持つ札を確認できれば回避可能になる。

同デッキ収録の『①《天狗社会の管理人》飯綱丸龍』はこの札と自身の効果を合わせて、回避成功か手札に戻す効果を使用できるので相性が非常にいい。
回避成功して守護エリアに残った場合は『②《我田引水の天狗》射命丸文』で手札に回収できると、半永久的に相手の攻撃をいなす札として機能する。

『③《フォールオブフォール》犬走椛』は自身の代償無視効果も相まって、⑨以上の裏向き守護札を確認できればこの札の効果と合わせて確認した札を即撃破できる。

ハマれば非常に強力だがどこまでいっても相手依存のため安定感は欠ける点が弱点と言える。
終盤は手札も守護札も少なくなり、相手が高数値札を使用しきっているとあまり意味のない効果になる。
ピーピング先がない、スペル効果を防がれてしまうとこの札を使用する機会がなくなる。
序盤~中盤はこの札の効果を活かし、終盤はこの札を守護エリアに出すタイミングを見極めながら運用したい。

原作二次創作

念写する程度の効果を持つはたてらしいスペルをあてがわれている。

関連札

手札から公開することで効果を発動する特殊能力札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:38:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード