『⑪《白い管狐、腹黒い白狐》管牧典』

11典.jpg
⑪/弾幕/回避スペル/妖獣
条件:相手の捨札が2枚以上。
代償:相手の攻撃札と同じ種族の札か、元々の数値が同じ札のいずれかを手札から1枚選択して公開する。
   公開後手札に戻す。
効果:相手捨て札を2枚裏向きにする。
   裏向きにする札は相手が選択する。
相手捨て札を2枚裏向きにする効果を持つ。

効果自体は相手捨て札を2枚裏向きにするというシンプルなもの。
こちらから選ぶことはできないものの2枚裏向き捨て札を作れる効果は貴重。
相手捨て札が2枚しかない状況で発動すると実質全ての捨て札を裏向きにできる。
『④《稗田寺子屋のカリスマ講師》上白沢慧音』などの捨て札のピンポイントメタにはならないが、捨て札をコストにしたり回収したいデッキに対しては選択肢を潰す動きができる。
『⑧《厳格な作法なんていらないわ》博麗霊夢』など(表向き)捨て札の枚数を参照する巫女札を機能不全に追い込む事もできる。

代償が非常に流動的で相手の攻撃札に合わせて手札を公開しなければならない。
種族を合わせる場合はなるべく多くの種族を採用する【種族ハイランダー】デッキであれば満たしやすくなる。
数値を合わせる場合は相手の残り札を予想しながらこちらの札を残す必要がある。
どちらのケースも序盤であるほど成功率は高いが使用された札によってはそもそも合わせることができないケースも多い。
安定した運用を考えるなら同デッキ収録の『⑥《鈴奈庵の店員と常連》マミゾウ&小鈴』を一緒に採用したい。

相手の捨て札を2枚裏向きにできるのは現在この札と『⑤《粗衣粗食の貧乏神》依神紫苑』
あちらは④以下自機を指定するものの1枚は確実に裏向きにしつつ撃破された際にもう1枚裏向きにできる。
こちらはどのデッキにも入る性能で⑪と高数値のため、裏向きにしつつ回避と次ターンの攻撃に貢献できる。

同キャラ札の『⑦《耳元でささやく邪悪な白狐》管牧典』も相手の捨て札を裏向きにする効果持ちだが、『⑦管牧典』は後に相手の裏向き捨て札を全て表向きに戻してしまうためこの札とあまり相性がよくない。
ただどちらも相手の捨て札活用メタであるため、捨て札を利用するデッキにとってはどちらも鬼門になる。


原作二次創作

関連札

相手捨て札を裏向きに出来る効果

この札を使用するデッキ



  • 最終更新:2024-02-24 00:03:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード