『⑪《キャプテン・ムラサ》村紗水蜜』

11村紗.jpg
⑪/弾幕/回避スペル/幽霊
条件:⑩以下の攻撃を受ける。
代償:この札を①として扱う。
効果:相手の手札を1枚捨て札に送る。
   送る札は相手が選択する。
自らを①にすることで、相手札を減らすハンデス効果を持つ。

『⑨《動かない大図書館》パチュリー・ノーレッジ』と同じ効果だが数値と種族が違う。
あちらと比べて弾幕可能な⑪札なので効果発動時の損失が大きいが、条件の範囲が広いので相互互換の関係と言える。
ハンデス目的でどちらかを選ぶ際、幽霊まとめデッキを制作する場合にこちらの札を検討できる。
『⑨《リジッドパラダイス》宮古芳香』などの捨て札コストとして使用したり、幽霊縛りでデッキを組むことでより強くなる『③《亡霊の姫君》西行寺幽々子』と一緒に採用する際は幽霊札のこの札が有利に働く。

分かりにくい裁定について


捨て札に送る札は相手が選ぶが、手札を減らす効果はシンプルで強力。
単純に相手と1対2の交換をできる他、相手の終盤の手札枚数調整を狂わせることができる。

裏向きで⑧以下の攻撃を受けた際にスペルを発動する場合、本来回避できる攻撃にわざと撃破される形になるため恩恵が少し減ってしまう。
この札は表向きで場に残した場合に真価を発揮する。
表向きで留まった場合、相手は手札を減らすリスクを承知で⑧以下で攻撃するか、⑨以上の札で攻撃して効果の発動を防がなければならなくなる。
相手が攻撃せず放置すると、相手は⑨という高めの数値を常に意識して守護エリアの配置を考えなければならなくなる。

上記の通り表向きで場に残ると効果的な働きをするが、同筋で自機狙い弾幕攻撃をくらうと即詰みしてしまう。
なるべく自機狙いの筋が多い守護エリア中央の配置はさけ、自機とは反対サイドの守護エリアに配置するなど表向きで留まるには工夫が必要。

同じ効果で条件違いの札に『⑤《水難事故の念縛霊》村紗水蜜』が存在する。
あちらは⑩以上と対象が狭い反面、効果が決まる際は数値勝負でも撃破される相手に決まるためリスクが少ない。
こちらは⑩以下と対象が広いが、効果的に発動するためには工夫が必要になる。
相手の⑩札の攻撃には両方とも対応してるため、ハンデスを決めたい場面で相手⑩札が表向きで存在する場合にこれら2枚の札を守護エリアに配置できれば発動確率をぐっと上げることが出来る。


原作二次創作

関連札

相手の手札を捨てる効果を持つ札



この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:27:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード