『⑪《きゅうり味のビ~ルいかがっすか~?》河城にとり』

11にとり.jpg
⑪/攻撃スペル/科学者
条件:相手の手札が3枚以上。
代償:相手札を撃破できない。
効果:守護フェーズ開始時、相手の表向き守護札の合計数値が⑪以下の場合、相手の表向き守護札と同じ枚数相手手札を捨て札に送る。
   送る札は相手が選択する。
科学者共通のデメリットを持ち、相手表向き守護札によってハンデス効果を持つ。

『①《比較物理学の教授と助手》夢美&ちゆり』と似たような攻撃スペルでハンデス効果がある札。
相手が低数値札を配置した盤面で効果を使用することで一気に複数枚のアドを得られるかもしれない。
最大3枚までハンデスすることが可能なロマン効果。
しかし、スペル発動した守護フェーズ開始時に相手守護札の数値が⑫以上なら効果自体が不発になってしまう。

回避スペルなどの数値変更の効果はターン終了時まで持続するので、変更後の数値が参照される。
『③《お困りの忘れ物》多々良小傘』などの数値上昇系効果は天敵でハンデスを容易に防がれてしまう。

撃破できないデメリットを利用して攻撃後ほぼ確実に2枚の表向き守護札が残る札として活躍させるても考えられる。
めくり戦術と相性がよく、【⑫神綺ワンショットキル】デッキなどのアクセントとして採用しても面白い。
低数値の札が表向き存在する時に発動したり、ピーピング効果と合わせて発動することでハンデス成功率を上げることができる。

回避スペルで表向き守護札を回収されたり捨て札に送られると、守護フェーズ時の表向き守護札の枚数が変わるのでハンデスの枚数も変更される。
『①《天狗社会の管理人》飯綱丸龍』『⑥《本物の勾玉製作職人》玉造魅須丸』などの効果は表向き札を減らし、そのままハンデス枚数を減らすことができるため相性が悪い。
攻撃を介する効果なので昨今流行している【回避スペル】軸のデッキを相手にする際は注意が必要。

この札独特の駆け引きが存在し、なるべく確実にハンデス効果を使用したい場合は単体攻撃を行い、2枚ハンデスを狙う場合は弾幕攻撃を仕掛けることになる。
さらに低数値札が相手守護エリアに表向きで存在する場合は3枚ハンデス狙いの弾幕攻撃も可能。
攻撃枚数や表向き札が多くなるたびにハンデスの成功率が下がるため、相手守護札に対する読みが非常に重要になってくる1枚。
どのパターンであっても表向き守護札に⑫札が含まれているとハンデス効果が使えないので、相手の⑫札の所在を気にしながら運用したい。


原作二次創作

元になった曲:きゅうり味のビールを飲めばいいよ!
原曲:神々が恋した幻想郷、
   芥川龍之介の河童 ~ Candid Friend
編曲:ぼいど
作詞:夕野ヨシミ
歌唱:神波千尋
収録アルバム:東方河想狗蒼池
動画:take(//--takenoko--//)

きゅうり味のビールを売りに行くにとりが主人公のPV。
ゆったりした曲調で二頭身のキャラクターがどれも可愛らしい。


関連札

相手の手札を捨てる効果を持つ札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:27:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード