『⑩《聖輦船の番人と船長》一輪&村紗』

10一輪&村紗.jpg
⑩/弾幕/回避スペル/妖怪
条件:相手守護エリアの中央に配置された札から攻撃を受ける。
効果:この札が撃破された時、相手の手札を1枚捨て札に送る。送る札は相手が選択する。
ExtraDeck 2で登場した数値⑩・弾幕回避スペル妖怪札。
特定位置から撃破された場合、相手の手札をハンデスする効果を持つ札。

相手の中央の高数値をピンポイントで撃破できる『④《守り守られし大輪》雲居一輪&雲山』のスペル効果と
相手の高数値札に撃破された場合に相手の手札をハンデスできる『⑤《水難事故の念縛霊》村紗水蜜』のスペル効果を足して2で割ったようなスペル。

①中央守護エリアの⑩以上の札に攻撃されるか、②表向きになった状態で中央の札に攻撃をされた場合が発動条件と言える。
中央の守護エリアは自機狙い弾幕攻撃の対処の要でもあるため高数値札が多く、狙っては行えないが①のパターンは意外と満たされやすい。
高数値の札は配置の肝である中央を狙うことが多いので、中央に配置している時が多く決まり易いか。
相手の中央守護札を攻撃し続けることで誘導することも可能である。

反対に、②の表向きになった状態で中央の札に攻撃にされるパターンはどちらかといえば誘導して起こすパターンである。
中央で表向きになり放置するのは自機狙い弾幕の危険性が高いため、こちらは左右に置いた場合がほとんどである。
一度攻撃を回避して表向きになってからはこの札の正面の札を執拗に撃破し続けることで
相手はこの札を処理するには基本的に中央から攻撃せざるを得なくなる。

⑩で撃破される条件の関係上積極的に狙いに行く効果ではなく、
うまく誘導できたり相手が引っかかったらラッキー程度で捉える効果とも言えるが同時に逆転を引き起こせる強力な効果でもあり、
人それぞれで捉え方の異なる札と言える。




  • 最終更新:2020-04-05 21:29:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード