『⑩《幻想郷のレジスタンス》正邪&針妙丸』

10正針.jpg
⑩/弾幕/攻撃スペル/鬼
効果:自分の自機札を捨て札に送り、この札を自分自機エリアに表向きで配置する。
    以降、自機エリアに配置したこの札を自機として扱う。その後、攻撃を行わず守護フェーズに移行する。
輝針城デッキで登場した数値⑩・弾幕攻撃スペル札。
自機に成り代わる効果を持つ。

自機変更をする札の中でも、手札や捨て札、盤面を参照せず自己完結している札。
⑩という札のため、自機になった場合は自機狙い弾幕のリスクが大幅に減るため、自機に成り代わる効果にあっている。

同デッキ収録の『④《竹林のルーガルー》今泉影狼』のような自機交換を条件に持つ札と相性が良い。
というより、基本は自機交換デッキに使われる札。

自機交換系で自己完結した札には『⑧《聖徳道士》豊聡耳神子』があるが、
こちらは確実に自機交換が行えるため、自機交換系の札をこの札1枚で補えるのが大きな利点。
先行1ターン目は勿論ながら、⑩という高数値のため攻撃を耐えやすく後攻2ターン目でも高確率で発動できる。

欠点としては、『⑧《聖徳道士》豊聡耳神子』と異なり攻撃を行わない点。
最終盤面での弾幕での逆転も狙えるといえば狙えるが、基本的には厳しい。
⑩という弾幕を撃てる高数値の一角を攻撃に使用できないのは痛手。

また、自機交換を条件に持つ同数値札に『⑩《化け狸 十変化》二ッ岩マミゾウ』がおり、
自身を採用した場合は当然あちらが使えなくなるのも欠点か。

基本は自機交換デッキ特化だが、別の使い方も可能。
この札は自機エリアに配置する際、場所を指定していない。
そのため、最終局面での延命として使うことができる。
また、相手の手札を減らしすぎないように攻撃をスキップする使い方もある。

・この札が自機の場合、この札のスペルを発動できない。
 発動時に自機札を送った際にかわりの自機札が存在しない瞬間が存在するため、
「自分が敗北してしまうスペル発動は行えない」ルールにより空撃ち扱いになってしまう。
 (ほかの自機入れ替えスペルは自機札を捨て札に送る際、別の自機札が入れ替わる形で存在する。)

・上記のことから表記はないが「条件:この札が守護エリアに存在する。」の一文がある効果と捉えるとわかりやすい。




  • 最終更新:2019-11-01 10:16:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード