『⑩《地上に隠れ住む月の姫》蓬莱山輝夜』

10輝夜.jpg
⑩/弾幕/攻撃スペル/月の民
条件:自分の自機札が相手の自機札の数値以上。
代償:自分の裏向き守護札を1枚選択し、捨て札に送る。
効果:守護フェーズ開始時、この札は捨て札に送らず、
   守護札なら裏向きにして、自機札なら表向きのままその場に留まる。
守護エリアの裏向き札を捨て札に送ることで、攻撃後にその場にとどまれる効果を持つ。

⑨以下の裏向き守護札を捨て札に送れば数値の麺でアドバンテージを取れる。
攻守に頼りない低数値札や、『④《怪奇!二色マント魔人》豊聡耳神子』など捨て札で効果を発動する札を能動的に捨て札へ送れる手段にも利用できる。

効果使用後は相手に居場所がバレた⑩札になってしまうが、高数値札を撃破する手段を相手が用意てない場合は2度3度とこの札で攻撃できる機会もあるだろう。
高数値故にバレても相手の動きを制圧する力がある点もこの札の特徴。

発動条件は月の民共有のもの。
⑫札を自機にすれば確定で発動可能だが、⑪以下だと相手自機次第で発動できない場面もある。
同デッキ収録の『②《幸運の素兎》因幡てゐ』で発動条件を緩くする手も考えられる。

自機札として使用できるが、自機性能が高いとはいい難い。
相手が⑪以上の自機の場合は効果が使用できず、場に残っても次ターンに相手の攻撃で撃破されてしまうケースがほとんど。
ただし、『⑫《蓬莱の人の形》藤原妹紅』で行える端筋からの弾幕攻撃によるグレイズ状態が狙えるので全くの無駄というわけではない。
圧倒的不利な最終盤で逆転をねらえる自機という立ち位置の札と言える。

・数値の上がった『⑨《月まで届け、不死の煙》藤原妹紅』のような札。
 『⑨妹紅』とは違い別の空き守護エリアに移動することはできないが、その分弾幕可能な⑩札である点と自機札でも運用できる点が異なる。

原作二次創作

効果的に妹紅の攻撃スペルを足して月の民にしたような効果になっている。
共に不死身で二次創作でも盛んにカップリングネタが制作される2人なので、似たスペル効果を共有しているのが中々にエモい。

関連札

攻撃後に守護エリアに残る札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2023-04-21 03:08:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード