『⑩《光る蟲の大群》リグル・ナイトバグ』

10リグル・ナイトバグ.jpg
⑩/弾幕/特殊能力/蟲
状態:この札が自分守護エリアに表向きで存在する。
効果:相手札の効果で相手手札が増えた時、増えた枚数と同じだけ相手手札をランダムに選択し、捨て札に送る。
   表向きで攻撃を受けたこの札が撃破された場合、相手は手札を1枚公開する。
   公開する札は相手が選択する。
   公開後、選択した札を裏向きで捨て札に送る。
最強カルテットで登場した数値⑩・弾幕特殊能力札。
相手の効果で相手札が増えたときにランダムハンデス、表向きで撃破された時に裏向きハンデスを与える効果を持つ。

手札増強効果のメタとして機能し、多くの札に影響を与える事ができる。
『③《湖上の氷精》チルノ』など捨て札を手札に回収する回避スペル効果に対して有効で、増えた枚数分手札をランダムで捨て札に送らせることができる。
効果はこの札が捨て札に送られるまで持続するため、元々表向きのこの札で相手守護札を直接殴り、回収系回避スペルの実質的な無効化を行うこともできる。
『⑪《聖徳伝説》神子&布都&屠自古』などの守護札を一旦手札に戻してから再配置できる効果にも刺さり、効果の適用中であっても手札が増えた瞬間ランダムハンデスが発生する。

それ故相手はこの札が表向きで存在する限りおいそれと手札が増える効果を使用できない。
結果的にゲーム中この効果が発動することは殆どなく、相手の行動を縛る抑止力として機能する。

2つ目の効果は表向きのこの札が撃破された場合、相手の手札を1枚確認後に裏向きで捨て札に送るもの。
再利用の非常にしにくいハンデス効果なので、相手が捨て札に送りたかった回収可能札や捨て札発動系の特殊能力札を選びにくい。
相手は回収効果を諦めてこの札を無視するか、裏向きハンデスを覚悟して処理するかの選択を強いられる。
ほっておいた場合も⑩札の攻撃も警戒しなければならないため、まさにフィールドに蜘蛛の糸を張るかのごとく相手の動きを妨害する効果になっている。

運用方法は他の蟲札と同じく、札の効果や代償で自分から能動的に表向きにするコンボを用意しておきたい。
他の蟲札に比べて数値が低く回避して表向きでとどまる可能性が低い点も注意。
同デッキ収録の『⑥《暗闇に潜む妖怪》ルーミア』で守護エリアに表向きで配置できるコンボは⑪、⑫蟲札ではできない点で差別化されている。
また、他の蟲札と違い発動タイミングが相手ターン開始時に固定されていないので、この札の攻撃で相手の手札回収系の回避スペルを妨害したり、この札で攻撃を回避したターンの終了時に相手の『④《稗田寺子屋のカリスマ講師》上白沢慧音』の効果を妨害できたりとこの札独自の動きも多い。


・ランダムハンデス効果はあまり発動しないが、効果発動中の『⑪《紅魔館の吸血鬼》スカーレット姉妹』の弾幕攻撃に巻き込まれたときには効果が発動する。
 さらに『⑦《紅色の世界》レミリア・スカーレット』の効果も妨害できるため悪魔デッキにとっては天敵の1枚と言える。


『⑧《人間組の魔術師担当》霧雨魔理沙』の札を捨て札に送って、⑫札を捨て札から回収するときも、ランダムハンデスが発生する。『⑦《永遠亭でお月見》輝夜&永琳&鈴仙&てゐ』の効果で捨て札から回収するときも、やはりランダムハンデスが発生する。一見ただ札を入れ替えているだけのように見えるが、どちらも「手札に加える」という条件を満たしている。


・主に代償などによる、手札公開からの手札へ戻すことによるランダムハンデス効果は発生しない。


・大会、環境において強力な汎用札の『⑩《未確認幻想飛行少女》封獣ぬえ』『⑪《聖徳伝説》神子&布都&屠自古』などの配置リセット効果のメタ札として登場当初から用いられている。


・「入れ替える」と表記されている札でも、効果の対象となります。


原作二次創作

最初期に登場した同キャラ札の『②《闇に蠢く光の蟲》リグル・ナイトバグ』はこの札と違い妖怪種族に分類されている。
蟲は虹龍洞デッキで新規登場した最も新しい種族で、『②リグル』の登場時は存在しなかった。


関連札

相手の手札を捨てる効果を持つ札


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:26:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード