『⑩《不死身の人間と歴史喰いの半獣》妹紅&慧音』

10妹紅慧音.jpg
⑩/弾幕/攻撃スペル/人間
条件:この札が守護札。
   この札の攻撃範囲に相手自機札が存在しない。
代償:相手はこの札の正面のライン上にある自機エリアに自機札を移動することで、この札の効果を無効化出来る。
効果:守護フェーズ開始時、この札は捨て札に送らず、裏向きで守護エリアに配置する。
相手自機がこの札の攻撃範囲にいない時、この札を守護エリアに再配置できる攻撃スペルを持つ。

スペル発動条件はこの札と相手位置関係で判断する珍しいもの。
この札が守護エリア中央に配置されてる場合は相手自機札が自機エリア左右に配置、この札が守護エリア左右に配置されている場合は相手自機札が自機エリア中央に配置されている場合に発動できる。

効果は攻撃後の守護フェーズにこの札を捨て札に送らず守護エリアに配置し直すもの。
『⑨《月まで届け、不死の煙》藤原妹紅』と比べると発動自体が相手依存の点が在るが、あちらと比べて捨て札に送る守護札のコストがないので手札を減らさずに運用可能な点が優れている。

相手は自機札をこの札の正面の位置に移動することで効果を無効にできるので、何も考えずに効果を使用しても簡単に効果を防がれてしまう。
この札を相手の表向き守護札の正面に配置して発動すると相手は自機札を正面に置けなくなるので確実に効果を使用できる。
裏向き札の内容によっては自機札との合計が⑩以下の場合は相手が無効にしてこないケースも有る。
その場合は相手裏向き札の最大値を予想できるので読み合いに一役買う。

同デッキ収録の『⑧《境目に潜む妖怪》八雲紫』と好相性で、条件を満たせない場合と効果を無効にされた場合は相手自機狙い弾幕攻撃を撃つことで守護エリアに再配置できる。
どちらにせよ配置バレを起こしてしまうが、『④《稗田寺子屋のカリスマ講師》上白沢慧音』の効果で自分ターン終了時に手札に戻せばこの札の所在を隠すことが出来るのでこれらの札を一緒に採用したい。

原作二次創作

原作では藤原妹紅と上白沢慧音はお互いを理解し合う仲として描かれている。
東方永夜抄ではEXステージで共演していて、この札のイラストはそれをイメージした内容になっている。

関連札

攻撃後に守護エリアに残る札

代償により相手が効果を無効化できるスペル


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2023-04-21 05:05:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード