『⑨《永遠と須臾の罪人》蓬莱山輝夜』

9輝夜.jpg
⑨/攻撃スペル/月の民
条件:自分の自機札が相手の自機札の数値以上。
効果:回避判定時に相手札が⑩以上だった場合、数値に関係なく撃破する。
月の民札共通のスペル発動条件を持ち、⑩以上の札に対して強い性能を持つ。

元々⑨以下の相手には攻撃で撃破できるので、実質確実に相手の札を撃破できるスペル効果と言える。
序盤の様子見から終盤の確実に1:1交換したい時など、どんな場面でも使いやすい性能。

より効果的に使用するなら相手の裏向き守護札の中から⑩以上の札を狙って攻撃したい。
終盤、相手札を読みやすい状況で発動したり、相手の裏向き札を確認する札と合わせて使用すれば高数値札を狙いやすい。

『⑧《幽人の庭師》魂魄妖夢』がスペルを発動し数値が⑩担った場合、
 回避スペルの処理が終わったあとに回避判定に移るので、輝夜のスペル効果が適用されて撃破することができる。

効果は同じだが条件違いの札に『⑨《無名の存在》純狐』が存在する。




  • 最終更新:2019-10-27 22:41:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード