『⑨《惨憺たる大海原》村紗水蜜』

9村紗.jpg
⑨/回避スペル/幽霊
条件:自分の自機札が相手の自機札の数値以下。
効果:攻撃を受けていない自分の守護札を1枚選択し、手札に戻す。
ExtraDeck 1で登場した数値⑨・回避スペル幽霊札。
幽霊札共通のスペル発動条件を持ち、自分の守護札を手札に戻す効果を持つ。

回避スペルゆえ受動的にしか発動できないが、相手の動きを見て守護エリアの配置を変えたいときに条件無しで効果を使用できるのは優秀。
表向き札を手札に戻すことができれば、間接的に「表向き守護札を裏向きに戻す」効果として使用できる。

効果を発動後、回避判定でこの札が撃破された場合は次の自分のターンで攻撃できる札が1枚になってしまい動きが制限される。
特に状況が変わらなければスペルを発動しない方が攻撃手段を減らさずに済む。

・スペル発動時に攻撃を受けているこの札は手札に戻せない。
 この札と一緒に弾幕攻撃を受けた札も手札に戻せない。

・「攻撃を受けていない自分の守護札」は「スペル発動ターンに攻撃を受けた札は選択できない」という意味なので、
 以前のターンで攻撃を受けた札は問題なく選択できる。

・スペルの発動タイミングが悪いと自らをグレイズ状態にしてしまうことがある。
 安地勝利(グレイズ状態)のパターン⑤を参照。
 自分の守護札が2枚でこの札の効果を発動してこの札だけ撃破された場合、
 自分守護札が0枚で手札が1枚あるので次の自分のターン攻撃できない。
 この場合は攻撃が行えない自分の負けになってしまう。

幽霊札の多くは回避で数値を上昇させる効果を持っていて防御ターンで優秀な反面、
攻撃では基本数値のままでしか攻撃できない。
そのため、特に端で表向きになった場合は攻撃せずに放置するパターンもある。
そういって表向きで残った札を回収して再活用するのがこの札の主な使い方となるか。

似たような性能の同種族札に『⑩《幽冥楼閣の亡霊少女》西行寺幽々子』がある。
あちらの方が攻撃スペルのため、発動機会は作りやすいが札自体はばれっぱなしのため放置されるケースもしばしば。
こちらは能動的に起こせず発動機会は大きく減るが、手札に戻す効果の為配置場所やタイミングをズラせる。
リターン重視の性能と言える。




  • 最終更新:2019-11-09 16:29:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード