『⑧《神霊の依り憑く月の姫》綿月依姫』

8依姫.jpg
⑧/攻撃スペル/月の民
条件:自分の自機札が相手の自機札の数値以上。
代償:自分の裏向き守護札を1枚選択し、表向きにする。
   選択した札がスペルなし札の場合、表向きにした札を手札に戻す。
効果:この札の数値を代償で選択した札と同じにする。
表向きにした自分守護札の数値と同じになる効果を持つ。

効果自体はシンプルで、代償で⑨以上の数値を表向きにすれば数値を上げて攻撃を行える。
表向きにする札はなるべくスペルなし札を指定して、盤面アドバンテージを減らさないようにしたい。

スペルなし以外を選択する場合は『⑫《黒きドラゴンイーター》姫虫百々世』など表向きで留まることで効果を発揮する札を選びたい。
ただし上記の札など高数値札とは条件の関係で少々噛み合わせが悪い。

発動条件は月の民共有のもの。
⑫札を自機にすれば確定で発動可能だが、⑪以下だと相手自機次第で発動できない場面もある。
同デッキ収録の『②《幸運の素兎》因幡てゐ』で発動条件を緩くする手も考えられる。

・同デッキの札で運用した場合『⑫《言葉で世界を変える力》稀神サグメ』と好相性で、守護エリア中央に配置されて⑫になったスペルなし札を指定すれば、この札が最大数値になりつつ代償で選択した札を裏向きに戻せる。
 ただ、『⑫稀神サグメ』の効果を使用してしまうと自機札が①になりこの札の発動条件がほぼ満たせなくなるので、『②《幸運の素兎》因幡てゐ』の効果で月の民の発動条件を無視する効果を併用したい。

・同じ⑧月の民札には『⑧《月の頭脳》八意永琳』が存在する。
 あちらは強力な回収効果があり【月の民】デッキを組む際はどちらを採用するかの選択になることが多い。
 こちらは『⑫《言葉で世界を変える力》稀神サグメ』と相性が良い点で差別化されている。

・⑦以下の数値を選べばこの札の数値は下がり、守護札を表向きにしてしまうためデメリットしかない。
 中数値以下の札に表向きで残ることで有効になる札は殆どないので、わざと手札を減らしてグレイズ状態を生み出したい状況でない限り使い所がない。

原作二次創作

神霊を呼ぶことができる程度の能力から、他の力を借りて超強化するスペルが当てられた。
イラストは「愛宕様の火」を呼び出したものになっている。

関連札

表向きにした守護札と同じ数値になる札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2023-04-21 03:04:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード