『⑧《機械いじりが好きな二人》にとり&魔理沙』

8にとり魔理沙.jpg
⑧/攻撃スペル/科学者
代償:自分の手札が存在する場合、相手札を撃破できない。
効果:相手フィールド上に配置された自機札以外の表向き札を1枚選択し、捨て札に送る。
相手の表向き札を捨て札に送ることが出来る攻撃スペルを持つ。

表向き守護札を捨て札に送る効果はシンプルに強力。
効果発動時、手札がある限り相手札を撃破できないものの1:1交換は成立させられるため1枚撃破+1枚表向きに出来る効果と捉えられる。
手札0枚のときは相手札を撃破可能なので、相手自機前の表向き守護札を効果で処理しつつこの札でフィニッシュを決めることも可能。

代償は科学者特有のものであるが、この札は手札0枚時に相手札の撃破が可能。
それ故に序~中盤のフィールドアドバンテージを稼ぐ運用にも、終盤のフィニッシャーとしての運用も出来る。
この札を自機運用した場合も代償と噛み合っていて科学者札では珍しく自機向きの性能と言える。

効果で捨て札に送るので、種族の撃破時に発動する効果を抑えながら処理できたり、表向きで残った回避スペル持ちを処理するのに便利。
言わずもがな相手守護札を表向きにする効果とも相性がよく、同デッキ収録の『①《得体の知れない魔法の元》』パチュリー・ノーレッジ』で前ターンに相手守護札を表向きにすることでこの札の効果をスムーズに使用できる。

類似効果がいくつかありそれらを採用する場合は効果の違いを理解しておきたい。
『⑥《精神を破壊する妹達》こいし&フランドール』は手札コストが必要な点と相手に任意で効果を止められる可能性がある点でこちらほどフィニッシャーに向いていない。
『⑩《勁牙組組長》驪駒早鬼』は自機入れ替えを行っていればノーコストで運用できる。
ただし、フィニッシャーとして考えた場合元々弾幕攻撃が可能な札なため、自機前の表向き守護札を効果で捨て札に送る効果が意味をなしておらず恩恵が乏しい。
『⑨《メイド幻想》夢月』は表向き守護札を手札に戻す効果で、ハンドアドバンテージは稼げないが自機札への攻撃に縛りがないためフィニッシャーの性能を尖らせた効果と言える。
相手の守護札を積極的に表向きにするめくり戦術を組む場合はこれらの札を複数枚採用する手も考えられる。

原作二次創作

にとりと魔理沙は原作で度々関わりのあるカップリング。

⑧数値の霧雨魔理沙関連の札はこれで4枚目になる。
そのうち3枚はカップリング札になっていて、魔理沙のカップリングのバリエーションの多さがうかがえる。

関連札

相手の表向き守護札を捨て札に送る攻撃スペル

霧雨魔理沙のカップリング札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2023-04-21 05:14:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード