『⑧《妖獣の成り上がり》寅丸星』

8星.jpg
⑧/攻撃スペル/妖獣
代償:自分手札の①か⑩の妖獣札を1枚選択し、相手に公開する。
   公開後、手札に戻す。
効果:相手は相手守護エリアの裏向き札を1枚選択する。
   相手が選択した札を表向きにする。
特定の手札を公開することで相手の守護札を表向きにすることができる。

相手が選ぶものの攻撃前に守護札を表向きにする効果は強力。
表向きになった札を攻撃すれば確定撃破できる。
あえて表向きにして放置することで情報アドバンテージと盤面アドバンテージを稼げる。

同様の効果の『⑤《亡き王女の為のセプテット》レミリア・スカーレット』と比べると発動したプレイヤーが表向きにする守護札を選べる『⑤レミリア』に軍配が上がる。
ただしあちらは手札を1枚捨てるコストがあり、数値もこちらが上回るため総合的には相互互換の関係と言える。

手札の①か⑩の妖獣札を指定されているが、これはその数値帯に『①《ダウザーの小さな大将》ナズーリン』『⑩《屈指のトレジャーマウス》ナズーリン』が存在するから。
星蓮船デッキデッキで登場した『⑦《毘沙門天の弟子》寅丸星』も同じようにナズーリン札を指定しているためそれを意識した代償になっている。
類似の代償の中では狭い範囲なので安定して発動させるために同デッキ収録の『⑥《鈴奈庵の店員と常連》マミゾウ&小鈴』も一緒に採用したい。


原作二次創作

関連札

発動時に相手の裏向き守護札を表向きにする効果を持つ札

この札を使用するデッキ



  • 最終更新:2024-02-23 23:47:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード