『⑧《境目に潜む妖怪》八雲紫』

8八雲紫.jpg
⑧/特殊能力/妖怪
状態:この札が自機札。
代償:自分は妖怪・人間札以外の弾幕攻撃を行えない。
効果:相手自機札を攻撃した場合、このターンの守護フェーズ開始時、
   攻撃札を捨て札に送らず自分の守護エリアに裏向きで配置し直すことができる。
   攻撃札を配置し直した場合、次の自分ターンこの札の効果を使用できない。 
科学世紀セットで登場した数値⑧・特殊能力妖怪札。
自機狙い弾幕攻撃を仕掛けた札を手札に戻す特殊能力を持つ。

「自機札を攻撃した場合」とは、止めの一撃以外では自機狙い弾幕攻撃を指す。
本来は相手自機札を撃破出来るか守護エリアの札を1枚表向きにするだけで無駄打ちになるか、リスクが大きくて撃ちにくかった自機狙い弾幕攻撃。
そんな攻撃のサポートとして機能して、気兼ねなく相手自機を攻撃できる効果になっている。

この札の効果により自機札を攻撃した攻撃札は守護フェーズに捨て札に送らず自分守護エリアに裏向きで再配置できる。
これは攻撃スキップ効果に近い性能で、自分ターンを攻撃による手札消費無しで相手ターンに移行できる。
攻撃時の損失がないので相手札を撃破できずとも実質0.5枚分のアドバンテージが取れているので、自機狙いが可能であれば積極的に狙っていきたい。
無論弾幕攻撃が通って自機札を撃破できればゲームに勝利できるので、即死攻撃or攻撃ターン飛ばしを行える効果は相手にとってプレッシャーとしてのしかかる。

この札の効果を使用すると次の自分ターンは効果を使用できない制約がつく。
攻撃札も守護エリアにとどまって相手に位置がバレているので、『①《幻想郷を知らない世代》蓮子&メリー』などの効果で処理されてしまう点は注意が必要。
この札を相手にした場合は効果発動後の次のターン、場に残った高数値札を小突くことで表向きにとどまらせて効果使用不可ターンに相手に高数値札を消費させる対応ができる。

代償により妖怪・人間札以外の弾幕攻撃が行えないので、高数値帯の札は妖怪・人間札を多く採用することになる。
場に残った札を手札に回収出来る『④《稗田寺子屋のカリスマ講師》上白沢慧音』と相性が良いので、『④慧音』採用デッキはなるべく人間札で固めたい。

『⑫《電光石火のメイド》十六夜咲夜』は3枚攻撃+攻撃範囲を無視するのでこの札の効果と噛み合っている。
自機札も攻撃できるのでどの位置に『⑫咲夜』が配置されていても自機狙い弾幕攻撃が出来る。
攻撃後に守護札を2枚表向きに出来るため、次のターンも相手守護札の確定撃破を狙える。

配置先に指定がないため空き守護エリアであれば好きな位置に配置可能。
表向きになった守護札を見てから攻撃の届かないエリアに再配置したいときなどに利用できる。


原作二次創作

マエリベリー・ハーン八雲紫は容姿や能力から何かと関係性が囁かれている。
(紫=メリー説、血縁関係、パラレルワールドの同一キャラ説など)
科学世紀デッキに⑧札として収録された両キャラは同時に採用できない仕様になっていて、あちらは相手札が弾幕可能札か否かを見極める効果でこの札は自身の弾幕攻撃自体をサポートする効果になっている。
数値も効果も表裏一体の関係になるようデザインされている。

関連札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2023-12-08 15:54:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード