『⑧《四季のフラワーマスター》風見幽香』

8幽香.jpg pr5幽香.jpg
⑧/攻撃スペル/妖怪
効果:この効果は回避判定時に適用される。
   ⑨以上の札を攻撃した場合、この札を⑫として扱う。
   ⑧以下の札を攻撃した場合、この札を④として扱う。


回避判定時に数値が変化する効果を持つ。

効果発動時に相手の⑨以上の裏向き札を攻撃できれば、数値が上昇し撃破することができる。
逆に⑧以下を攻撃してしまうと④まで数値が下がるデメリットを持つ。
スペルの発動タイミング的に裏向きの相手札を攻撃しなければならない。

「この効果は回避判定時に適用される。」というのは、数値が変化する相手の回避スペルの効果の処理後の数値を参照するということ。
札の数値が⑧以下でスペル発動時に⑨以上になると、この札の効果で撃破できるようになる。

カンと読みで裏向きに攻撃してもいいが、『④《伝統の幻想ブン屋》射命丸文』などの
相手裏向き札を確認できるスペルと組み合わせて発動できると効果的。

類似した効果を持つ札の中では中間的な性能。他の札には
⑩以上に対して⑫、⑨以下に対して①になる『⑥《太陽の花と毒の花》幽香&メディスン』
⑩以上に対して⑫、⑨以下に対して⑥になる『⑨《封印された大魔法使い》聖白蓮』が存在する。

・効果を発動したこの札が『⑧《幽人の庭師》魂魄妖夢』を攻撃した場合、⑧以下なのでこの札の数値が④になり撃破できなくなる。
 ⑧妖夢が効果を発動すると⑩として扱うので、逆にこの札の数値が上がり撃破できるようになる。
 この札が効果を発動しなければ⑧妖夢はスペル効果で⑩にして回避されてしまう。
 どちらにせよ相手に対応されてしまうので回避されてしまう。

・効果を発動したこの札が『⑥《騒音トランペッター》メルラン・プリズムリバー』した場合、この札の元々の数値を参照するので⑨になり、
 結果この札の数値が⑩になるので⑥メルランを撃破できる。

・上記のように回避スペル持ちに攻撃すると撃破できるか否かの状況が変わる。

花映塚1Pデッキ版イラストと、プロモーションカード版イラストの2種類が存在する。




プロモーションカードはこちら⇒『⑩《東洋の西洋魔術師》霧雨魔理沙』前の札<   >次の札『⑦《妖魔夜行》ルーミア』

  • 最終更新:2020-08-24 16:11:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード