『⑦《秘封倶楽部》メリー&蓮子』

7秘封倶楽部.jpg
⑦/特殊能力/人間
状態:自分フィールドに表向きで存在。
代償:自分は人間札以外の弾幕攻撃を行えない。
効果:人間札で相手札を撃破した時に相手札の数値が攻撃札の数値を超えていた場合、
   回避判定後に攻撃した札を手札に戻すことができる。
科学世紀セットで登場した数値⑦・特殊能力人間札。
人間札で攻撃した際に攻撃札より高い数値の相手札を撃破した場合、攻撃札を手札に回収することが出来る。

状態が「自分フィールドに表向きで存在。」と指定されているので、この札を自機にした場合かこの札で攻撃を行ったときに発動可能。

相手裏向き札の数値が自分の攻撃札の数値を上回っている状態でスペルを使用せず攻撃した場合、相手札に回避されてしまう。
それ故に表向きで留まっている相手守護札を攻撃するか、スペル効果で数値に関わらず撃破するかしなければ効果を使用できない。

回収効果は非常に強力で、相手札を撃破しつつ攻撃札を回収できれば0:1交換が成立する。
相手と1枚の手札差をつけられるので、効果が決まるほど自分の手札が相手より増えていく。

この効果を発動させるためにデッキ制作時から戦い方を想定した札を用意したい。
『①《幻想郷を知らない世代》蓮子&メリー』など秘封倶楽部関連の攻撃スペルは①の状態で攻撃を行い、相手の裏向き札の数値や種族を読み切ることができれば数値ん関係なく撃破できるため非常に相性がいい。
それらの札を使用する際は天狗札などピーピング効果を持つ札と組み合わせて、確実に裏向き札の内容を把握するとより安定する。

めくり戦術も有効なので、わざと弾幕攻撃を外して相手守護札を表向きで止めていくと効果を使用しやすい。
この札の代償により人間以外の弾幕攻撃ができないので、必然的に高数値帯も人間札で統一したい。
弾幕攻撃以外に縛りがないので『⑫《半人半霊の庭師》魂魄妖夢』など弾幕攻撃にとらわれない効果を持つ人間以外の札を採用することも出来る。

現在①未満の数値で攻撃することが出来ないので、相手の①札を撃破した場合は確定で効果を使用できない点に注意。
この札を相手にした場合はあえて①札を攻撃させることで効果を使用させない対処法も存在する。


原作二次創作

秘封倶楽部の宇佐見蓮子とマエリベリー・ハーンは幻想郷ではなく現実世界の京都に在住している。
弾幕勝負とは無関係な人物のため、それ故にスペル効果は①で攻撃するものが多い。

関連札

秘封倶楽部関連の札

「自分フィールドに表向きで存在」する状態を指定する特殊能力


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2023-04-21 05:03:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード