『⑦《星条旗のピエロ》クラウンピース』

7クラウンピース.jpg
⑦/特殊能力/妖精
状態:自分の捨て札に存在。
代償:自分は妖精札以外のスペルを発動できない。
効果:自分の③以下の妖精札は、
   捨て札に存在する限りスペルなし札として扱う。

Release of Abilityで登場した数値⑦・特殊能力妖精札。
この札が捨て札にいることで、捨て札の③以下の妖精札をスペルなし札として扱える効果を持つ。

妖精単色デッキにおいて重要な①~③の低数値札をすべてスペルなしへ変更できる効果は戦術の幅を広げる。
注目は本来の妖精デッキでは組みにくかった『①《湖の氷精》チルノ』を採用でき、自らも回収効果で優秀な『③《湖上の氷精》チルノ』を回収対象にできる2点。
この2枚はスペル持ちで妖精デッキを組む際に回収対象になるスペルなし札と噛み合わないため採用が悩まれる札だが、⑦クラウンピースの効果でスペルなしにすることで無理なく採用できるようになる。

反面、代償は妖精札以外のスペル効果を発動できないのでこの札を採用する場合は自然と妖精単色デッキかそれに近い構成になる。
前半は妖精札以外のスペルを使用し、この札を捨て札においた後半は妖精札のみで戦うスタイルも考えられる。

スペルなし札に変更する効果は、元の札が攻撃スペル、回避スペル、特殊能力を持っていてもスペルなしに書き換える効果なので、効果でスペルなし札になった『③《湖上の氷精》チルノ』『⑪《氷の妖精》チルノ』で回収できない点は注意が必要。
単色デッキではこの札を含めて3枚とも使用する機会があるので、場面で使い分けていきたい。

数値⑦はそれなりに高く、ただ捨て札に置くにはデメリットが高め。
序盤の戦闘要員として攻撃使用するか、割り切って後攻をとって開始即捨て札に置くかは考えておきたい。


原作二次創作

関連札

捨て札で効果が発動する特殊能力


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法

韓国語テキスト表記 한국어 텍스트 표기




  • 最終更新:2024-02-23 23:42:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード