『⑦《太古! 三畳紀の河童》河城にとり』

7河城にとり.jpg
⑦/攻撃スペル/科学者
代償:相手札を撃破できない。
効果:相手の手札をランダムに1枚選択し、表向きにして確認する。確認した札が⑦以下の場合、その札を捨て札に送る。
   確認した札が⑧以上の場合、相手の手札に裏向きで戻す。

相手手札をランダムに選び、⑦以下だった場合捨て札に送る効果を持つ。

自身が⑦札なのでさながら相手手札を直接攻撃するような効果になっている。
ハンデス効果を持つ札はそれなりにあるが、殆どが相手が捨て札を選んでいるのでランダム性のある効果は貴重。

問題は⑧以上の場合は捨て札に送れないところ。
確定効果でないので他のハンデス効果より手札枚数を狂わせる戦術は向いていない。

中数値の⑦なので効果を使用せず守護札を攻撃すれば撃破できる確率もそれなりに高い。
その分効果発動時の相手札を撃破できない代償が重め。
単純に効果を使うのではなく状況に応じてスペル効果を発動するかどうか決めていきたい。

相手の手札をランダムで捨てさせる効果はカードの使用枚数が少ないこのゲームでは非常に影響力がある。
終盤に使用したいスペル効果を持つ札は低~中数値に多くあるので、相手の切り札を捨て札に落とせれば状況を一変させることもできる。
総じて癖が強く使い所が難しい札だが、使い方次第で相手の思惑を崩す一手を打てるかもしれないロマンあふれる1枚になっている。

原作二次創作

この札以前に登場した河城にとり札はこの札と違い妖怪種族に分類されている。
科学者は幻想郷異伝デッキ&魔界の住人デッキで新規登場した新しい種族で、この札の前の河城にとり札の登場時には存在しなかった。


関連札

相手手札をランダムに確認する効果

相手の手札を捨てる効果を持つ札


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法

韓国語テキスト表記 한국어 텍스트 표기




  • 最終更新:2024-02-23 23:26:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード