『⑥《鈴奈庵の店員と常連》マミゾウ&小鈴』

6マミ鈴.jpg
⑥/特殊能力/妖獣
効果:自分の妖獣札のスペル・特殊能力の代償により自分の手札を公開する場合、
   代わりに手札からこの札を公開することで代償を満たすことができる。
   自分の攻撃スペルの代償により自分の手札を公開する場合、
   自分捨札に存在するこの札を裏向きにすることで代償を満たすことができる。
この札の効果で手札を公開する代償を踏み倒すことができる。

この札が手札にある場合は自分の妖獣札のスペル・特殊能力の代償で手札を公開する場合にこの札を手札から公開して代償を無視できる。
公開後に手札に戻るため複数枚の発動に対応できる。

この札が捨て札に存在する場合は自分の攻撃スペルの代償で手札を公開する場合にこの札を裏向きにすることで代償を無視できる。
こちらは使用後に捨て札で裏向きになるため1度きりの踏み倒し効果になる。
再使用したい場合は『⑨《自機組》霊夢&魔理沙&咲夜&妖夢』などの効果でこの札を表向きにし直す必要がある。

同じ踏み倒し効果を2種類のシチュエーションで発動できるため、自分のデッキに合った運用が可能。
妖獣札でまとめたデッキでは序~中盤は手札発動で、手札が尽きた頃に捨て札発動を行う選択ができる。
妖獣のいないデッキでも使いきりの踏み倒し効果としてピンポイントでサポートできる。

後半の効果は攻撃スペル限定なので回避スペル妖獣札のサポートはできない。
『⑩《屈指のトレジャーマウス》ナズーリン』など該当する札が少数あるため使用時には注意が必要。

捨て札発動の効果で『⑨《Witch of Death》アリス』などの「手札の⑩、⑪、⑫札を公開する。」代償を払うものは特に相性がいい。
この札1枚で条件を満たせるのでゲーム後半で使いにくかったスペルを発動できる。

・「手札の⑫札を公開する。」効果に対してこの札と『⑧《人間組の魔術師担当》霧雨魔理沙』が同時に発動可能な場合、どちらか一方の札しか発動できない裁定になっている。
 どちらの札から発動しても即刻発動の代償を支払うことができるためあとから発動した札が発動できないため。


原作二次創作

関連札

手札から公開することで効果を発動する特殊能力札

捨て札で効果が発動する特殊能力

この札を使用するデッキ



  • 最終更新:2024-02-23 23:39:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード