『⑥《輝ける日の光》サニーミルク』

6サニーミルクWIKI.jpg
⑥/攻撃スペル/妖精
代償:自分の守護札を全て表向きにする。
効果:この札の数値に、自分守護エリアの妖精札の枚数と同じ数値を加算する。
   回避判定後、自分守護エリアに存在するこの札以外の表向き妖精札を全て手札に戻す。


攻撃時の数値上昇と自分の守護札再配置を同時に行うことができる。

効果の一つ目、数値上昇は自分守護エリアの妖精札の枚数。
この札自身が妖精札のため確実に数値は1あがりそれ以上は他の守護札によって異なるが、最大で3上がり⑨となる。
最大数値は⑦の攻撃スペルコピー札である『⑦《怨霊も恐れ怯む少女》古明地さとり』
『⑦《Grimoire of Alice&Marisa》アリス&魔理沙』でコピーした場合でも同じとなる。

数値上昇系の効果の中でも攻撃時に最大3上がるのは十分に強力だが、真価は次の守護札再配置効果にあるといって良い。

回避判定後にこの札以外の自身の妖精守護札を手札に戻すことが出来る。
妖精札には『③《湖上の氷精》チルノ』『⑤《降り注ぐ星の光》スターサファイア』といった強力な低数値回避スペル札が多く存在する反面、
場所を読み切られて放置されると低数値もあって攻撃にも使用しづらく攻防で大きく不利となる。
このリスクを減らし、再度相手に回避スペルを迫れるのが強力と言える。
この札を使用した直後に回避スペルを3枚伏せて相手に確実に回避スペルを攻撃させる芸当も可能である。

基本は妖精札オンリーのデッキに組み込み盤面に表向き守護札を残すリスクをなくすのが一般的な使用法だが、
『⑤《地殻の下の嫉妬心》水橋パルスィ』のようなあえて表向きで留まらせることで相手に攻撃を迫らせる札と組み合わせることもできる。

札自体の爆発力は特段高いわけではないが、他の札を活躍させるサポートの札として非常に優秀な1枚と言える。




  • 最終更新:2020-05-12 17:00:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード