『⑥《暗闇に潜む妖怪》ルーミア』

6ルーミア.jpg
⑥/攻撃スペル/妖怪
代償:この札を捨て札に送る。
   自分裏向き捨て札を1枚選択して表向きにする。
効果:代償で表向きにした札がスペルなし札の場合は公開後に手札に加え、⑩以下の数値でスペルなし以外の札の場合は表向きで自分の空き守護エリアに配置する。
   その後、自分捨て札を全て裏向きにして 攻撃を行わずに守護フェーズに移行する。
自分の裏向き捨て札を表にして、その札を手札に回収したり守護エリアに配置することができる。

裏向き捨て札を表向きにする代償を利用して相手に裏向きにされたキーカードを表向きにする事ができる。
事前に自ら裏向きにすることで効果を活かす運用も用意しておきたい。

表向きにした札がスペルなし札の場合は手札に加え、スペルなし以外の⑩札の場合は守護エリアに表向きで配置する。
裏向きになった捨て札の再利用が可能なため、相手に裏向きにされた札の復帰や自ら対象にしたい札を裏向きにして利用していきたい。
一応強制効果なので手札に加えられるor守護エリアに出せる札の場合は必ず効果を適用しなければならない。

上記の効果を使用後に捨て札に送られたこの札を含めて自分捨て札を全て裏向きにしなければならない。
この効果により以降は捨て札利用が行いにくくなってしまう。
逆にこの効果を利用して『④《最強四重奏》チルノ&ルーミア&リグル&ミスティア』の数値を大幅に上昇させたり、『⑨《美しき緋の衣》永江衣玖』の発動条件を満たす事ができる。

この札の効果を使用すると攻撃がスキップされる点も留意しておきたい。
状況は限られるが、最終盤の詰み展開を回避できる場合がある。

効果発動の代償としてまずこの札を捨て札に送り、且つ自分の裏向き捨て札を1枚表向きにする必要がある。
この札だけでは裏向き捨て札を用意できないため、能動的にこの札の効果を使用したい場合は『④《最強四重奏》チルノ&ルーミア&リグル&ミスティア』などで事前に裏向き捨て札を作ってから効果を発動することになる。

⑪、⑫のスペルなし以外の札を表向きにした場合、特に回収効果は発生せず自分捨て札を全て裏向きにして守護フェーズに移行する。
特にメリットはない動きだが、攻撃スキップと捨て札を大量に裏向きにしたい場面では選択肢に入る。

どの代償・効果もメリットにもデメリットにもなりうるので、活かすも殺すもプレイヤーのスキルが試される1枚と言える。

・「⑩以下の数値でスペルなし以外の札」を指定するテキストは大会でも猛威を振るっている『⑫《黒きドラゴンイーター》姫虫百々世』とのコンボを防ぐために調整された部分が大きい。
 札では同デッキ収録の『⑩《光る蟲の大群》リグル・ナイトバグ』を唯一利用でき、愛称も非常にいいものにデザインされている。


原作二次創作

原作では闇を操る程度の能力を持つ。
闇と裏向き捨て札をかけて、効果発動時に自分捨て札が全て裏向きになるデザインになっている。


関連札

裏向き捨て札を守護札に配置する効果

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:45:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード