『⑤《海と山を繋ぐ月の姫》綿月豊姫』

5豊姫.jpg
⑤/攻撃スペル/月の民
条件:自分の自機札が相手の自機札の数値以上。
代償:この札を①として扱う。
効果:自分捨て札からスペルなし玉兎札を1枚選択し、自分の空き守護エリアに裏向きで配置する。
捨て札のスペルなし玉兎札を空き守護エリアに置くことが出来る。

『⑦《孤立無援が誂えた造形神》埴安神袿姫』とほぼ同じ効果で、空き守護エリアに捨て札を出す効果は実質手札を1枚増やせる。
これらの攻撃スペルは非常に重い条件や代償があり発動が難しいものがほとんどだが、この札は効果発動自体はそれなりに軽い部類。
スペルなし玉兎札を積んだデッキでは発動機会は作りやすい。

発動するためには前の相手ターンに守護エリアを撃破されていて、空き守護エリアが存在していなければならない。
それ故に相手と手札差を開かせる効果というより、前ターンに撃破された盤面を取り戻す効果と言える。

発動時にこの札を①にする代償も重めで、ほぼ相手を撃破できなくなるデメリットと取れる。
ただ、同じ効果の『⑦袿姫』とくらべて数値が低いので、元々撃破できない相手に対して攻撃を行うケースが多い点でこちらのほうが若干発動に踏み切りやすい。
①の攻撃も有効に使用するなら前の自分ターンに弾幕攻撃でめくり戦術をして相手守護札を表向きで残しておきたい。

発動条件は月の民共有のもの。
⑫札を自機にすれば確定で発動可能だが、⑪以下だと相手自機次第で発動できない場面もある。
同デッキ収録の『②《幸運の素兎》因幡てゐ』で発動条件を緩くする手も考えられる。

原作二次創作

綿月豊姫は物体や人物を一瞬で移動することのできる能力を持つので、捨て札の玉兎札を瞬時にフィールドに移動しているのだろう。

関連札

捨て札を守護エリアに配置する攻撃スペル

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2023-04-21 02:59:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード