『⑤《普通の黒魔術少女》霧雨魔理沙』

5魔理沙.jpg
⑤/攻撃スペル/魔術師
代償:自分の手札にある⑫札を相手に公開する。公開後、手札に戻す。
効果:相手札を撃破した場合、相手の守護エリアにある裏向き札を1枚選択し、表向きにする。


相手を撃破できた場合、相手守護札を表向きにする効果を持つ。

効果自体は『⑦《月時計~ルナ・ダイアル》十六夜咲夜』と同じで、相手を撃破できた場合に守護札を1枚表向きにできる。
相手にしたら守護札を撃破された上に次ターンの攻撃を縛られるので、成功した時のアドバンテージは大きい。

代償は比較的軽い部類で、とりあえず発動して決まれば儲けな効果と言える。
⑫札を自機や守護で使ってしまった場合は発動することが出来ない。

代償を重く見れば手札の⑫札を見せる効果は自身の切り札を晒すことになるので、デッキタイプや戦術をバラす行為になる。
現在守護札に⑫札が含まれてない点も相手の攻めを助けてしまうケースが有る。
ただし、現状では「スペル効果で手札から公開している」ことをスペル発動条件に持つ『⑫《メイガスナイト》霧雨魔理沙』がいるため、
この札と組み合わせた場合は代償はほぼないと思って良い。

専用サポートに近い効果を持つ札に『④《七色の人形使い》アリス・マーガトロイド』が存在し、使い回しのきく中堅札として比較的扱いやすい。




  • 最終更新:2020-05-06 19:46:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード