『⑤《地獄の女神と妖精》ヘカーティア&クラウンピース』

5ヘカーティアクラウンピース.jpg
⑤/攻撃スペル/妖精
状態:この札を①として扱う。
効果:自分の捨て札にある③以下の札を1枚選択し、スペルなし札なら裏向きで、スペルなし以外の札なら表向きで自分の空き守護エリアに配置する。
自分の空き守護エリアに③以下の捨て札を1枚配置することが出来る。

数値帯は③以下と狭いものの種族やスペルの有無に縛られずフィールド復活効果を使用できる点が類似効果と差別化出来る。
特に低数値札を再利用したいデッキでは重宝できるため、種族に縛られない点が生きてくる。

効果を発動するには空き守護エリアが必要になる。
すなわち前のターンに相手の攻撃で守護札を撃破されているか、すでに手札がなく守護エリアに追加の札をおけない状況でなければ発動できない。
そういった状況からピンチの状況をリカバリーする効果と言える。
『①《天狗社会の管理人》飯綱丸龍』の前ターンに手札に戻る回避スペルとは相性は中々いいので、捨て札に送られてしまった際にフィールドに戻す保険も兼ねて組ませても面白い。

効果発動時には数値を①にしなければならず裏向き札の撃破は望めない。
相手の表向き札の処理をしつつ効果を使える場面が一番美味しく、弾幕攻撃が失敗してしまった次のターンなどに効果を発動できると失点を取り返しやすい。

スペルなし札を指定した場合は裏向きで置けるが、それ以外だと表向きでフィールドに配置しなければならず、自機狙い弾幕攻撃を狙える筋に表向きで配置してしまうと一撃死のリスクがつきまとう。
スペルなし札を裏向きで置いたからと言って最大③と低数値のため、自機の数値によってはそのまま自機狙い弾幕攻撃で撃破されるケースも有る。
この札の効果は復活させる札の候補と有効に働くケースをしっかり考えてから使用したい。

範囲は狭いものの種族縛りがないため相性のいい札が複数存在する。
人間札を選択する場合は表向きで場に出してもターン終了時に『④《稗田寺子屋のカリスマ講師》上白沢慧音』の効果で一度手札に戻して再配置が可能。
『⑫《言葉で世界を変える力》稀神サグメ』自機運用時に守護エリア中央を開けられてしまった場合の保険として低数値スペルなし札を復活させる動きもできる。
自身の種族と同じ【妖精】デッキでも、低数値スペルなし札を多用する戦術を組むので回収先に困ラズに使用できる。

『⑤《海と山を繋ぐ月の姫》綿月豊姫』とは数値も同じで相互互換の関係。
あちらはスペルなし玉兎札限定だが数値に縛りがなく、採用するスペルなし札を玉兎に限定することで広い範囲で復活効果を使用可能。
こちらは種族・スペルの有無に縛りがないが③以下限定。
範囲は狭いものの類似効果で数値が違う『⑦《孤立無援が誂えた造形神》埴安神袿姫』と回収先を一部共有できるので共存が可能な点で差別化出来る。
どちらも自機運用する『⑫《言葉で世界を変える力》稀神サグメ』とはスペルなし札をフィールドに戻せるので好相性。

原作二次創作

ヘカーティアとクラウンピースはご主人様とその部下という関係。

関連札

捨て札を守護エリアに配置する攻撃スペル

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2023-06-19 22:37:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード