『④《輝夜に仕える月の民》八意永琳』

4永琳.jpg
④/特殊能力/月の民
効果:自分の玉兎札がスペルを発動する場合、
   スペル発動前に手札からこの札を公開してもよい。
   公開後、手札に戻す。
   自分のスペルなし玉兎札はターン終了時まで手札と捨て札に存在する限り選択した数値として扱う。
玉兎札のスペル発動時、この札を手札から公開することで手札・捨て札のスペルなし玉兎札の数値を変化させる特殊能力を持つ。

コンボ性の高い効果で、この札単体では特に意味のない特殊能力になっている。
玉兎札を複数積んだデッキでは独特な動きでサポートが可能。

盤面に影響を及ぼさない手札・捨て札の数値変更効果になるが、対象に取った数値を指定するスペルやなるべく数値が大きいほど良いスペルでは重宝する。
『②《狂気の瞳》鈴仙・優曇華院・イナバ』と合わせて使用する場合は、あらゆるスペルなし玉兎札の数値を⑫にできるため確定撃破を狙える⑫札に変更可能。
『⑤《狂気の赤眼》鈴仙・優曇華院・イナバ』の回収効果を使用しする場合は、スペルなし玉兎札を回収先の数値より①少ない数値を指定して、ピンポイントで目当ての札を捨て札から回収可能。

『⑪《蓬莱の薬屋さん》八意永琳』と組み合わせることで、手札・捨て札に存在する玉兎札を全てスペルなしで且つ数値を自在に操れるようになる。
スペルなし札を利用する玉兎札を強烈にサポートする布陣を組めるため、【玉兎】デッキを組む際は是非合わせて採用したい。

手札公開故に妨害手段がほぼないものの、終盤まで戦闘力のない④札が手元に残りやすい点がデメリットと言える。
この札自体もスペルのコストに使用しにくい点も終盤まで手元に残りやすい要素になっている。


原作二次創作

スペル名は秘薬「仙香玉兎」。
薬で玉兎たちをどうにかしているのだろうか?

同じく手札から公開する効果を使用する『②《幸運の素兎》因幡てゐ』も薬がスペル名に入っている。

関連札

手札から公開することで効果を発動する特殊能力札

この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:36:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード