『④《稗田寺子屋のカリスマ講師》上白沢慧音』

4上白沢慧音.jpg
④/特殊能力/人間
状態:捨て札に存在する。
効果:自分ターン終了時、自分守護エリアの人間札を1枚選択して手札に加えてもよい。
   裏向き札を選択した場合は、相手に公開してから手札に加える。
   この効果を使用した場合、自分の手札を1枚空き守護エリアに裏向きで配置し、自分の捨て札の人間札を1枚選択して裏向きにする。 
科学世紀セットで登場した数値④・特殊能力人間札。
守護エリアの人間札を手札に戻すことができる特殊能力を持つ。

効果の処理の手順はまず自分ターン終了時にこの札が捨て札にある場合、守護エリアの人間札を手札に回収するか否かの選択肢が出る。
回収した場合は回収後に手札を1枚裏向きで守護エリアに置き、自分捨て札の人間札を裏向きにする。

手札回収効果は人間札限定だが非常に汎用性が高く、配置変更と表向き札の回収を毎ターン行うことができる。
前の相手ターンに回避成功して表向きで留まっている札や、『④《メイドと血の懐中時計》十六夜咲夜』などの代償で表向きにした守護札を回収できれば盤面アドバンテージを回復できる。

この効果の発動時に捨て札の人間札がこの札のみの場合はこの札を裏向きにすることになる。
そのため、効果の対象先やコスト確保のためにもデッキ構築はある程度人間札で固めたい。

自分ターン終了時に効果が発動するため、攻撃後に場に残る人間札と好相性で、それらの札の弱点だった配置バレを回収することで無効化出来る。
『⑨《月まで届け、不死の煙》藤原妹紅』など藤原妹紅札は特にこういった効果が多いので、一緒に採用したい。

ほぼ同じ効果の『②《我田引水の天狗》射命丸文』とは発動タイミング、コストの有無、種族が異なり、実際の運用方法は異なってくる。

配置先に指定がないため空き守護エリアであれば好きな位置に配置可能。
手札が存在する場合は1箇所しか空いておらずこの仕様は意味がないものの、手札0枚時は複数の空き守護エリアが存在するケースもあるので覚えておきたい。

永夜抄デッキで登場した『⑤《知識と歴史の半獣》上白沢慧音』がこの札の効果の元ネタになっている。
 こちらのほうが複数回効果を使用できるため汎用性が高いが、捨て札発動の弊害で相手にバレバレの中効果を使用することになり対策が取られやすい。
 あちらは攻撃スペルなので1度きりの効果ながら発動するタイミングが読まれにくいので妨害を受けにくい点が優秀。
 同時採用すれば複数のタイミングで配置変更が行えるため、めくり戦術やピーピング戦術に非常に強く出れるようになる。


原作二次創作

二つ名が「稗田寺子屋のカリスマ講師」。
これは東方鈴奈庵で表記の在るネタで、それゆえにそれら書籍作品キャラをまとめた科学世紀デッキで慧音が採用された。


関連札

守護札を手札に回収する特殊能力

自分捨て札を裏向きにする代償を持つスペル・特殊能力

捨て札で効果が発動する特殊能力


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:56:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード