『④《幻想の結界チーム》霊夢&紫』

4霊夢紫R.jpg4霊夢紫.jpg
④/攻撃スペル/妖怪
条件:自分の手札が0枚。
効果:相手の自機エリアを1ヶ所選択し、相手の自機札を選択したエリアに配置する。
永夜抄デッキで登場した数値④・攻撃スペル妖怪札。
終盤に相手の自機札を移動できる能力を持つ。

発動条件もあって互いに手札が尽きた終盤で生きるスペル効果になる。
この札の正面が空いていれば、相手自機を移動させることで空き守護エリアを抜けて攻撃を当てることができる。
グレイズ状態にされた際もこの札で解除できるので、効果を活かすなら終盤に配置したい。

自機としても手札差の少ない戦いではフィニッシャーになれる性能。
自機として使う際は低数値な点をどうフォローするかがポイントとなる。
数値が気になる場合は、『⑦《怨霊も恐れ怯む少女》古明地さとり』を自機にして
この札の効果をコピーすることで、安定した数値から発動すうこともできる。
その場合は、この札が実質的なスペルなしとなってしまうのが欠点になる。

効果や数値は『④《The Grimoire of Marisa》霧雨魔理沙』と全く同じであり、違いは種族の違いのみ。
こちらはコスト指定の札が多い妖怪札なのでコスト要因との併用もしやすい。

・詰め性能の高さから低数値自機を据えたいデッキの自機として採用率の高い1枚。
 相手はこの札の動きも考慮しながら戦わなければならず終盤の攻防に多大な影響を与える。
 ④札の自機札候補として『④《華人小娘》紅美鈴』と度々比較され、回避性能は『④美鈴』に軍配が上がる。
 攻撃的な戦術をとるか守備的な戦術を取るかで双方の評価が分かれる。


原作二次創作

東方永夜抄の自機キャラはペア制になっている。
霊夢と紫のペアは幻想の結界チームと呼ばれている。

札の画像1枚目はリメイク版、2枚目は旧版のもの。
リメイクに伴い新規のイラストが使用され、フォーマットも黄昏の宴セット以降のものに変更されている。
絵柄違いの札は性能面は全く同じ札をして扱われる。


関連札

相手自機札の配置を変更する攻撃スペル


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法

韓国語テキスト表記 한국어 텍스트 표기




  • 最終更新:2024-01-19 23:23:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード