『③《森閑のケルベロス》三頭慧ノ子』

3慧ノ子.jpg
③/回避スペル/妖獣
条件;ゲーム中に自分の自機札が別の札と入れ替えられている。
効果;回避判定後、相手の守護エリアに表向きで存在する札を1枚選択し、捨て札に送る。
獣王園デッキで登場した数値③・回避スペル妖獣札。
条件を満たすことで相手の表向き守護札を捨て札に送る回避スペル持ち。

妖獣札によくある自機札の入れ替え条件はがあるため、この札とは別に自機入れ替えギミックを必要とする。
さらに相手守護エリアに表向き札が存在しないと効果が使用できないため、能動的に条件を満たすには弾幕攻撃を失敗させて2枚以上表向き守護札を作っておく必要がある。
これらの条件・状況を満たせれば相手守護札を1枚捨て札に送れる。

守護エリアに表向きで留まる札は格好の的。
相手が表向きで残した『⑫《黒きドラゴンイーター》姫虫百々世』をこの札で処理できれば大きなアドバンテージを稼げる。

この札の効果は表向き札を対象にとるが、その中には相手の攻撃札自身も含まれている。
相手の『⑫《蓬莱の人の形》藤原妹紅』が効果を使ってこの札を攻撃した場合は攻撃札を捨て札に送ることで守護エリアに留める効果を無効にすることができる。
他にも守護フェーズ開始時に発動する『⑨《月まで届け、不死の煙》藤原妹紅』などの効果であれば再配置する前に処理することができる。
ただし『⑪《紅魔館の吸血鬼》スカーレット姉妹』など回避判定後に発動する効果は捨て札に送る直前に効果処理が入るため対応できない。
上記のように相手のスペル効果次第では効果を使えたり使えなかったりするため、採用頻度が高い札に対して使用できるか。

『⑪《紅魔館の吸血鬼》スカーレット姉妹』…攻撃スペル効果で、回避判定後に手札に戻る、という効果。発動タイミングが重なった場合、優先順位が攻撃スペル>回避スペルのため、⑪スカーレット姉妹は捨て札に送られる前に手札に戻ってしまう。

『⑧《聖徳道士》豊聡耳神子』…攻撃スペル効果で、守護フェーズ開始時に自機札をこの⑧神子と入れ替える効果。回避判定後、とテキスト表記されている③慧ノ子の回避スペルが先に発動されるため、⑧神子は捨て札に送られ、効果が中断される。

『⑨《月まで届け、不死の煙》藤原妹紅』…攻撃スペル効果で、守護フェーズ開始時に捨て札に送られず裏向きで守護エリアに留まる。③慧ノ子の効果で先に捨て札に送られるため、効果が中断される。


原作二次創作

関連札


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體文字記法




  • 最終更新:2023-12-15 14:06:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード