『③《凶兆の黒猫》橙』

3橙R.jpg3橙.jpg
③/攻撃スペル/妖獣
代償:自分の手札にある⑪妖獣札を相手に公開する。公開後、手札に戻す。
効果:相手札を撃破した場合、捨て札に送らず、表向きで自分の守護エリアに配置し直す。
妖々夢デッキで登場した数値③・攻撃スペル妖獣札。
低数値ながら相手札を撃破できれば、守護エリアに再配置できる効果を持つ。

③では裏向き札を撃破できる確率が低いので、なるべく表向き札を攻撃して効果を発動したい。
とりあえずスペルを発動させて、裏向き札を撃破できればラッキーと割り切って使うのもありか。

代償は軽めだが、⑪妖獣札と一緒にデッキに組まなければ効果を発動できない。
同デッキ収録の⑪八雲藍と一緒に採用するようデザインされているが、カードプールの拡大で⑪妖獣札は複数枚存在している。

効果が発動できれば0:1交換が成立し、手札消費を抑えることができる。
可能性は低いが以降のターンも同様の効果で留まり続ければ0:1交換を何度も行うことができる。

効果発動に成功すると自分の自機札の前に表向きで留まるので、自機狙い弾幕攻撃を同筋で受けた場合は即詰みを食らってしまう。
なるべく斜め打ちは避けて、この札の正面を攻撃すればある程度安全に効果を使用できる。

初期テキスト故に配置できる箇所が曖昧だったが、リメイクに伴い『⑨《月まで届け、不死の煙》藤原妹紅』と同じく空き守護エリアのどの位置にも配置できるテキストに修正された。
前ターンに守護札を撃破されて空き守護エリアが存在する場合は、そちらのこの札を移動することができる。
自機前にこの札を残したくない場合に重宝する。

似たような性能の札に『③《ろくろ首の怪奇》赤蛮奇』がある。
あちらは撃破成功時に手札に戻れるため反撃の弾幕攻撃を食らいにくく、効果としてはややあちらが強め。
ただしあちらは手札枚数の条件があるため終盤は使えない。
終盤でも狙って使える点ではこちらが勝っている。

妖々夢Remakeデッキ収録の『⑨《目にも留まらない化猫》橙』と相性が良く、この札の効果で守護エリアに表向きでとどまれば『⑨橙』の効果を使用できる。
この札を一旦手札に戻せるので再利用も可能。
上手く再利用できればこの札で2枚以上の手札アドバンテージを稼ぐことも可能。

・旧版とリメイク版でテキストの表記が異なるが、旧版もリメイク版に合わせて効果を使用できる裁定。
 この札を使用する際はその点を把握しておきたい。


原作二次創作

同デッキ収録の八雲藍札とコンボできるようデザインされている。
2人は主従関係であり、二次創作でも仲の良い二人がよく描かれる。

札の画像1枚目はリメイク版、2枚目は旧版のもの。
リメイクに伴い新規のイラストが使用され、フォーマットも黄昏の宴セット以降のものに変更されている。
絵柄違いの札は性能面は全く同じ札をして扱われる。

リメイク版のイラストは2023年に行われた公式大会の優勝景品の色紙画を使用。


関連札

攻撃後に守護エリアに残る札


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法

韓国語テキスト表記 한국어 텍스트 표기




  • 最終更新:2024-01-19 23:15:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード