『②《我田引水の天狗》射命丸文』

2射命丸文 特殊能力.jpg
②/特殊能力/天狗
状態:自分の捨て札に存在する。
効果: 自分ターンの攻撃フェーズ開始時、 自分の裏向き守護札を1枚選択し、表向きにすることができる。
   この効果で天狗札を表向きにした場合、自分守護エリアに 表向きで存在する天狗札を1枚選択し、手札に戻すことができる。
科学世紀セットで登場した数値②・特殊能力天狗札。
守護エリアの天狗札を手札に戻すことが出来る。

発動時はまず自身の裏向き守護札を表向きにする効果が発生し、表向きにした札が天狗札の場合に表向きで守護エリアに存在する天狗札を回収する効果を発動できる。
どちらも任意効果のため毎ターン使用する必要もないし、天狗札を表向きにしても手札回収しなくてもいい。
『①《初々しいスポイラー記者》姫海棠はたて』で表向き天狗札を回収したい場合はあえてこの札の手札回収効果を使用しない選択が取れる。

効果発動自体は1ターンに一度しか行えないので、2枚表向きにして2枚回収などは出来ない。
回収効果を使用して守護札がなくなると攻撃できなくなってグレイズ状態になって負けてしまう点も注意が必要。

手札回収効果は天狗札限定だが非常に汎用性が高く、配置変更と表向き札の回収を毎ターン行うことができる。
天狗札サポートとして効果を使用した場合は回避性能が高い『⑩《捏造新聞記者》射命丸文』『⑪《花果子念報の記者》姫海棠はたて』の効果で数値を上げて回避に成功した天狗札を回収できると旨味がある。
すでに表向きになっている札の回収はこのターン攻撃体勢にする予定の天狗札を表向きにして効果を使用すると無駄がない。

天狗以外の種族では回収効果が使えないものの、表向きで守護エリアにとどまることで効果を発動する札とは好相性。
『⑫《黒きドラゴンイーター》姫虫百々世』など種族を能動的に表向きに出来るため、蟲札採用のデッキでは採用を検討できる。

発動タイミングが独特で、攻撃フェーズ開始時に自分守護札を表向きにする。
これにより『⑧《逆襲のあまのじゃく》鬼人正邪』などのターン開始時から表向きの場合にスペルを発動できる札とコンボ出来ないよう調整されている。


原作二次創作

イラストは天狗の団扇で風を起こしている文が絵が描かれている。
風を起こして札を表向きにしているのだろうか。

カード制作時、今回のデッキコンセプトに東方鈴奈庵が含まれていたためルポライター姿の文の絵を用意するつもりだった。
しかしデバック時にとりあえず使用していたこの絵を褒められてそのまま採用した経緯がある。
制作側はそういったビジュアル面の意見もよく取り入れているので、デバックなどに参加した際は意見をいただけるとありがたい。


関連札

守護札を手札に回収する特殊能力

捨て札で効果が発動する特殊能力


この札を使用するデッキ


中国語テキスト表記 繁體中文文字記法




  • 最終更新:2024-02-23 23:39:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード