『②《嵐の中の付喪神》九十九弁々』

P15九十九弁々.jpg
②/回避スペル/付喪神
条件:⑩以上の攻撃を受ける。
効果:相手の自機エリアを1ヶ所選択し、相手の自機札を選択したエリアに配置する。
プロモーションカードで登場した数値②・回避スペル付喪神札。大九州東方祭41にて初配布予定。
全く同じ性能の札で星蓮船デッキ『②《愉快な忘れ傘》多々良小傘』が存在する。
同イベントで頒布されたExtraDeck 2の絵師であるいけだるりこさんの絵が使われている。

分かりにくい裁定について


⑩以上の攻撃を受けた際に、相手自機札を移動できる。
「⑩以上の攻撃」という記述のため、単体攻撃・弾幕攻撃どちらに対しても効果を発動できる。

主に終盤でこの札の効果を発動できれば、自機を守るための守護札のいない相手自機を直接攻撃できる位置に移動させることができる。
序盤中盤では意味のない場面も多いが、中央を固く守る相手自機を横にずらし自機狙い弾幕攻撃で奇襲をかける戦法もできる。

この札と同じ効果だが条件違いの札に『⑧《永遠に紅い幼き月》レミリア・スカーレット』がいる。
あちらは⑥以下の攻撃でやや狙いにくいが元の数値が⑧とそこそこあるため、狙われずにスペルが腐っても普通の攻撃にも使いやすいのが利点。
あちらは⑩以上の攻撃相手の伏せ札を読むという面では⑥以下よりも読みやすい。一方、元の数値もあって弾幕に弱い。
相手を誘い込んでカウンター狙いという面ではこちらの方が1枚上手か。

弾幕をひたすら撃って相手の守護札を片っ端から表向きにしていくめくり戦術もあるが、
その場合はいかにこの札や⑧レミリアに攻撃を誘導するかが鍵になる。

総じて効果を有効に使用できればゲームエンドまで持っていく力を持っているが、
発動条件やタイミングが相手依存で狙って発動するのは少し難しい。
運良く発動できた際に有効に使用できるかがプレイヤーの腕の見せ所になる。




  • 最終更新:2020-04-05 16:27:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード