『①《幻想郷を知らない世代》蓮子&メリー』

1蓮子&メリー.jpg
①/攻撃スペル/人間
効果:数値を①~⑫から1つ選択する。その後、相手の守護エリアの裏向き札を1枚選択し、表向きにする。
   効果の対象になった札が選択した数値と異なった場合、元の位置に裏向きで配置する。
Beginners Deckで登場した数値①・攻撃スペル人間札。
基本はピーピング札だが、相手守護札の数値を言い当てれば表向きにできる効果を持つ。

数値を言い当てれば表向きにできるため、①札ながら⑫札まで倒せる可能性がある。
特にシナジーを考えずに使うのであれば表向き札に攻撃する際におまけで使うということが多いか。
相手の残り札の数値が割れてくる終盤ほど効果的に決まる可能性が高くなるため、
ピン刺ししても決まるときは決まる。

似たような性能の札に『⑦《今どきの念写記者》姫海棠はたて』がいるが、
あちらは外した場合の撃破はほぼ不可能であり、回避スペルも許してしまうがい当てた場合は回避スペルも無効にできる。
こちらは言い当てても回避スペルは無効にできないが、外した場合もピーピングとしての役割を果たせる。

効果をより活かすのであれば、『④《伝統の幻想ブン屋》射命丸文』のような回避スペルのピーピング札で確認のちに使えるのがベストだろう。




  • 最終更新:2020-05-14 15:47:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード